楽しい日々









小説トップ
第六章 女装だ!記者だ!スクープだ!モデルスカウトされた、俺たち四人
恋心はみんな一緒

武斗「終わった、終わった〜疲れた〜」

トントン

碧唯「むーくん、このあと、空いてる?」

武斗「あおいたん、空いてるよ、どうしたの?」

碧唯「じゃあさあ、デートしようよ」

武斗「えっ!?」

碧唯「いいじゃんね、むーくん女装姿だし」

武斗「うん、いいよ、あおいたんに言われたらね」

碧唯「やった!ありがとう、むーくん」

こちらをこっそり覗き込んでるのは

美久「碧唯さんもライバルか・・・」

咲良「そうみたいだね」

遥「ライバル結構いるよね」

奈子「もうーみんながライバルじゃん」

美桜「勝てる自信ないかも」

まどか「武斗も罪な男だね〜どうして、好きになちゃったんだろう」

芽瑠「だったら、HKTメンバーだけで共有したら、どうかな?」

美久「それもいいかもしれないけど、やっぱり、好きになった人を独り占めしたいし」

莉乃「だったら、こうしよう」

7人「びっくりした〜」

ファミレス

碧唯「ねえねえ、むーくんは誰が好きなの?」

武斗「それ聞く?」

碧唯「うん、だって、わたしもむーくんゴニョゴニョ(好きだから)」

武斗「うん?最後聞こえないよ」

碧唯「なんでもないから〜」

武斗「さっきから、すげー視線を感じてるんだけど・・・」

碧唯「気のせいだよ」

莉乃「グッジョブ」

碧唯「あの!お願いがあるんやけど、今度、休みの時一緒にドラムの練習付き合って」

武斗「いいよ」



データが〜〜〜アニメ式 ( 2016/09/11(日) 00:32 )