楽しい日々









小説トップ
第六章 女装だ!記者だ!スクープだ!モデルスカウトされた、俺たち四人
スカウト    短い

SKE劇場

珠理奈「すごい騒ぎだね、竹くん」

竹「うん、こんなになるなら、やめとくべきだった」

NMB劇場

彩「隼くん、すごい人気、女の子が多いね、実音くんは男の子が多いね」

隼「はあ〜〜〜颯斗さんに言われたからやったのに、やらんかったらよかった」

AKB劇場

麻友「男性のファンが多いね、実音ちゃん・・・」

実音「いや!男性に好かれてもうれしくない、もうやだ」

HKT劇場

美久「どういうこと、武斗くん」

武斗「いや、兄貴に頼まれただけで」

咲良「それでなんでこんなに女の子からファンレター来るのよ」

武斗「それはしらないよ」

美桜「モデルはダメ、武斗くんは私たちの物でしょ」

武斗「まあ、そうだな、断っとくよ」

メール着信

颯斗「隼、実音、竹、武斗、今すぐこっちに来い、今から、モデルの仕事をしてもら

う」


隼「まじかよ〜〜〜〜」

実音「いやあああああ」

竹「はあああ、またやるの」

武斗「嘘だろう〜〜〜〜」





データが〜〜〜アニメ式 ( 2016/07/09(土) 18:41 )