楽しい日々









小説トップ
第六章 女装だ!記者だ!スクープだ!モデルスカウトされた、俺たち四人
ええええええ〜おれ達がモデル〜〜〜  
撮影スタジオ

武斗「話が急すぎるよ」

颯斗「すまん、男のモデルが急に休んじゃってさあ、代役で武斗を呼んだんだ」

武斗「代役だったら、別にいいけどさ」

颯斗「よし、これで四人が揃ったわけだな」

武斗「4人ってまさか!」

颯斗「そう、隼、実音、竹、もいるから」

武斗「はあ〜〜〜〜あいつらまで巻き込まれたか・・・・」

颯斗「まあ、今回だけだからよ」

武斗「今回だけね」



カメラマン「いいよいいよ、はい、ポーズ変えて〜、いいね」

女性スタッフA「イケメンだらけ、あの、実音って言う子、かわいい、女の子みたい」

女性スタッフB「私は隼くんかな?大人しいし、食べたい」

女性スタッフC「私は竹くんだね、無口でクール、大人の男性って感じ」

女性スタッフD「武斗くん、入ります〜」

武斗「はあ〜さっきから見てたけど、ノリノリじゃねえか」

女性スタッフABC「またイケメンがきた〜〜〜〜」

女性スタッフD「彼、あの、颯斗様の弟くんだよ」

女性スタッフA「あの、颯斗様の!」



そして、雑誌の写真撮り終わり、それぞれは解散し、そして、雑誌の発売日なった


雑誌への問い合わせが殺到し、大慌てになってるなんって、誰もしらなかった




データが〜〜〜アニメ式 ( 2016/07/09(土) 18:41 )