楽しい日々









小説トップ
第五章  母校の文化祭&夏だ!海だ!水着だ!ポロリだ!
脱走
会場

司会者

祐介「う〜ん、どうしよう・・・・、もう始まるし、あいつら帰って来ないし、どこに

行ったのかもわかんねえし〜、はあ〜怒るだろうな〜メンバー達」

その頃

武斗「泳ぐぞ〜早く泳ぐぞ〜、あいつらが来れないところまで」ビビっている

実音「どうしよう〜どこに隠れよう・・・隠れるところないじゃん」焦っている

隼「う〜ん、自分でスイカ割しよう」事の重大さを分かっていないバカ

竹「浮き輪の束の中に隠れよう」丸見え、足出てる


会場 舞台では

AKBグループ

あいつら〜〜〜〜

暴動が起きようとしていた

美久「武斗くん、お仕置き決定だね」

奈子「そうだね、なにがいいかな〜」武斗ラブ4人組はお仕置きを考えている

咲良「今度は首輪をつけようよ」

美桜「それ賛成」

彩「はーちゃんのバカもう許さへんで〜お仕置きや!!!」

美優紀「誘惑できへんかった〜」

珠里奈「竹くん、待っててね〜痛い目に会わしてあげるから」

麻友「実音ちゃん〜待っててね〜」

祐介「みんな待った!」みんなの黒いオーラにビビっている

メンバーは一斉に祐介に視線を向けた

祐介「そんなに怒ってるのなら、あいつらとケイドロをしよう、あいつらもう準備でき

てるから」

(みんな、楽しめの、逃げたからには、責任を持てよ、ぷふふふふ)心の中




















データが〜〜〜アニメ式 ( 2016/05/17(火) 17:26 )