楽しい日々









小説トップ
第四章
お仕置きだよ・・・?
武斗「美久ちゃん、どうしてこんな事するの?」

美久「だって、私の武斗くんが他人に渡すだなんっていやだ、メンバーはともかく

NMBさんやSKEさんやAKBさんに絶対に渡したくない、だって、武斗くん、私達の物だも

ん武斗くんは私たちを裏切らないよね」

武斗「おれがいつお前らの物になったんだよ、確かにおれはお前らのことが好きだ、で

も、こんな事しなくても、おれはお前らから離れないから、だから、手錠と足枷を外し

てくれ、頼む」

美久「じゃあ、これとこのアプリをダウンロードして」

武斗「俺にこれをつけろって言うのか」

美久「うん、これはね天藤学さんと逆髪流さんに頼んで特別に作ってもらったの」

武斗「学さん流さんに?」

美久「うん、二人共、美久達のためにノリノリだったよ」

武斗「あの二人は〜〜〜はあ〜わかった、付けるしダウンロードする」

10分後

武斗「これでいいだろう」

美久「うん、ありがとう、武斗くんだーいすき」

武斗「あんがと」

美久「これで武斗くんの居場所がすぐわかる」

武斗「えっ!」

美久「武斗くんのだけじゃあないよ、みんなの居場所がわかるよ」

アプリ起動

武斗「ホントだ・・・すげー、みんなの居場所がわかる」

美久「あっ、咲良と美桜が猛スピードでこっちに向かってくる」

武斗「やばっ!」

美桜「さーちゃん、武斗くんが逃げたよ」

咲良「ホントだ」

武斗「これがあれば、みんなの居場所がまるわかりだし、近くにいるのは、まどかと

あおいたんか、よし、逃げよう・・・・」

まどか「待ちなさい!」

あおい「まって〜〜〜」

武斗「待つか!」

咲良「待ちなさい」

美桜「まって、疲れた」

武斗「このまま逃げるぜ」

ドン

武斗「すいません、大丈夫ですか?、ぶつかってすいませんでした!」

茂木「武斗くん、ここにいたんだ、隼さん達が呼んでましたよ、ほら、急ぎましょう」

武斗「あっああ」








データが〜〜〜アニメ式 ( 2016/03/18(金) 17:38 )