楽しい日々









小説トップ
第三章
旅行一日目、出発


ドンキの前

旅行バス

翌日 9時30分

武斗「ふわ〜〜〜」

祐介「おっ、来た」

武斗「オヤジ、俺のスノボーは?」

祐介「後ろに積んであるよ」

武斗「あんがと」

祐介「先に乗ってろ」

武斗「ん?ああ、誰か来んのか?」

祐介「ああ、俺の知り合いだ」

武斗「ああ、そうか、じゃあ、寝るわ」

祐介「おう、でも、起きてろよ・・」

武斗「ZZZZZZZZ」

祐介「聞いてんのか?んっ?寝んのはや」

10分後

岡田「すっ、すいません、遅れました」

祐介「いいよ、噂通りの真面目ちゃんだね、武斗、もう乗ってるぞ」

岡田「えっ!はい、わかりました、皆さんは」

祐介「まだ、来てないよ、もう、すぐ来るだろう」

岡田「分かりました・・・」

プシュー

武斗「スースー」

岡田「寝てる」

祐介「そいつの隣に座ってくださいね」

岡田「はい・・」

岡田が座った途端に武斗が抱きついて来た

岡田「あっああの、武斗くんが急に抱きついて来たんですけど、はわわ」

祐介「ああ〜、そこ、俺の嫁がいつも座ってる所だから、いつも、スキー行く

時は、嫁に抱きつく習性があるんだ、たぶん、岡田さんをお母さんと勘違いした

んだろうな、まだまだ、子供だな」

岡田「そっそれって・・私に甘えてるって事ですか?」

祐介「そうだね、あいつなりの母性を感じたんだろう、寝てるときだけ、精神

年齢が子供だから、誰に似たんだろうな〜〜」

あんたの遺伝です

祐介「嫁はいつも、抱きついてきたら、膝枕させてたぞ」

岡田「ひっ膝枕ですか?」

祐介「ああ、一番後ろの席だから、足も伸ばせるからな」

岡田「だから、一番後ろだったんですか」

祐介「ああ、あいつ、家族と出かける時はいつも寝てるから、身長伸びないかも

しれないから、旅行バスを買った」

岡田「すごいですね、どうやって、買ったんですか?」

祐介「それは内緒だ、あんまり、大人の世界に首を突っ込んだら、もう、

抜けられないぞ」

岡田「すいません」

祐介「それは、武斗が生まれた、年だった」

岡田「喋るんですか」

祐介「俺の知り合いに旅行バスを裏取引してたから、現場を抑えて、全部没収

した」

岡田「友達を捕まえたんですか?」

祐介「悪い事するやつは友達だっても、捕まえる、それが俺のポリシーだ、

で、バスの中に麻薬がいっぱい、入ってたから、その手柄として、副警視総監

から、そのバスをもらった、ちょうど、君が座ってる所に麻薬が入ってた

所だよ」

岡田「ホントですか?」

祐介「嘘だよ、借りたの、知り合いから」

岡田「なっなんだ、びっくりしました」

祐介「そんな、危ない事するわけないじゃん」

武斗は岡田の膝枕でおねんねん中

岡田「寝顔かわいいです」

祐介「中身は子供だからな、寝たら可愛いんだがな〜〜」

岡田「武斗くん、料理すごっく、うまいって聞きました、どうして、そんなに

うまいんですか?」

祐介「俺の知り合いに和食シェフ、洋食シェフ、中華シェフ、パティシエがいる

から、1年、休学にして、学ばせた、男が料理できないと、ダメだからな」

岡田「そうだったんですか、1年で、全部覚えたんですか?」

祐介「いや、あいつ、半年で全料理覚えやがった」

岡田「全部覚えたんですか?」

祐介「ああ、テストしたら、全部クリアした」

岡田「すごい・・・」

祐介「いい嫁さんになるだろう」

岡田「はい」

祐介「やっぱり、岡田さん、あんた、武斗に惚れてるだろう」

岡田「はっはい」

祐介「でも、ライバルは多いぞ」

まどか「すいません、遅れました」

美桜「ごめんなさい」

あおい「武斗くんは?」

祐介「いいよ、武斗か?今、奈々ちゃんに膝枕でおねんねん中だよ」

3人「えっ!」

美桜「ホントだ」

まどか「おじさん、岡田さん、顔赤いですよ」

あおい「ホントだ、真っ赤かだ」

祐介「照れてるんだよ」

その5分後

ちひろ「すいません、楽しみにしてたら、時間忘れちゃいました」

祐介「それはホントか?武斗と旅行できるから、楽しみにしてたら、時間を

忘れたって事じゃあないの?」

ちひろ「そっそんな事はありません」

その後2分

西野「遅れました、はあはあ」

小嶋「すいません」

芽瑠「寝過ごしちゃった・・・・」

舞「5人で集合しようって、言ったのに、芽瑠ちゃん、全然来ないから、焦ちゃっ

たよ」

はるっぴ「スキー、楽しみです」

奈子「楽しみ」

咲良「お菓子ちょっと、多く持ってきちゃた」

祐介「それじゃあ、出発するぞ、シートベルトをしてくださいな」

まどか「武斗くんを起こさなくてもいいんですか?」

祐介「いいよ、そんな暇ないし」

10時30分

美桜「皆さんは?」

祐介「3組はもう、とっくに出発したよ」

岡田「そんなに遅れてるんですか?」

祐介「ああ、あと、行きはバラバラだけど、帰りは全員これに乗って帰って

来るから」

みんな「は〜い」

祐介「そんじゃあ、出発」

武斗「スースー」


データが〜〜〜アニメ式 ( 2015/12/20(日) 12:27 )