§第7章§
03
「ふーん、咲良ちゃんのてっぺん取りも大部順調なんだねー。」

「それで、いつするつもりなの?……元凶の元に攻め込むのは。」

報告を受けた光は数回頷きながら納得したように言っていたが、そんな彼へと隆治は真剣な口調で尋ねる。

「こらこら……誰に聞かれてるか分からないんだから……まだ時期じゃないの。」

声を低くしながら光が指摘をすると、隆治は納得いかないながらも小さく頷いた。

「確かに誰が……ん?」

話題を変えようとしながら隆治が靴箱を開いた瞬間、1枚の封筒が足元へと落ちてくる。

「これって……」

「何なに?りゅーくんラブレター?」

封筒を拾ってまじまじと見つめていたが、光の茶化す言葉を聞き流すようにしながら封筒の中の紙を取り出した。

──────────────────
橘 隆治君へ

今日の放課後、美術室に来て下さい。
聞きたい事があります。

木崎ゆりあ

〜追伸〜
絶対に1人で来ること。

──────────────────

手紙の内容を見た2人は暫く無言ながらも顔を見合わせる。

「木崎ゆりあって……」

「ラッパッパ四天王、マジックの本名だね。」

隆治が恐る恐る尋ねると、光は楽しげにけらけらと笑いながら彼の質問に答えた。

「僕……何かしたっけ……」

「ふふふ。ま、行けば分かるでしょ。報告待ってるよー。」

必死に心当たりを隆治は探すが、そんな苦労をしている彼とは対称的な光は軽く相手の肩を叩いて先に教室へと向かう。
手紙をポケットへとしまって小さく息を吐いてから、隆治もまた重い足取りで教室へと向かっていった。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

手紙が気になっていた隆治であったが、いよいよ放課後を迎える。
美術室を訪れた彼がドアを開いた瞬間、蛍光灯が勝手につくと暗かった室内が照らされた。

「来たね、橘隆治君。」

「マジックさん……」

静かな声で自らの名前を呼ぶゆりあへと隆治も声を掛けるが、彼女は小さく左右に首を振る。

「今回はその呼び方じゃなくて良い。……個人的に呼んだんだから。」

「個人的……?」

ゆっくりと近付いてくるゆりあを見て、隆治は相手の言葉を繰り返しながら少しずつ後退をした。

「そう。……実力を見る為にね!」

隆治の横から火花が上がり彼がそちらに視線を向けると、咲良の時と同様にその隙を狙ってゆりあは蹴りを放つ。
しかしながら隆治は咄嗟に視線を相手へと戻すと、後ろに飛び退いて蹴りを回避した。

「……かわした……?」

「びっくりしたぁ……えっと、その……今のは偶然で……」

唖然とするゆりあに隆治は言い訳をしようとするが、彼女は最後まで聞かずに白い布の向こうに姿を消す。

「マジックさん……?」

布を退かそうと手を伸ばした途端、かちゃりと音がして隆治の腕は手錠によって柱に固定された。

「えっ?何ですか、これ!」

「何でかわせた……」

「えっ?」

「何でかわせたかって聞いてるんだ。」

事情を尋ねようとするが、それに答える様子を微塵も見せる事無くゆりあは必死な様子で彼へと質問を重ねた。

「何だろ……おどかしてくる人……まぁ、奇術師みたいなのには慣れちゃったというか……」

光が頭に浮かんだ隆治は仕方無くその事を伝えると、ゆりあは苛々とした様子で行ったり来たりを繰り返してから彼の前で再び足を止める。

「でもさすがにこっからは防げないだろっ!」

ゆりあは声を上げながら再度蹴りを放つが、隆治は咄嗟に両腕でそれを防いだ。

「……!なんで両手が……」

「えっーと……手錠も両手捕まんないだけマシというか……両手に付けられる事になれて片手が空いてれば抜け出せるようになったというか……」

信じられないといった様子でゆりあは唖然とするが、隆治は苦笑いをしながら以前の経験を語る。

「分かった。……やっぱり私が間違えていたみたい。」

「え?何の事……」

「知らなくて良い。」

落胆したように告げる相手に隆治は尋ねようとするが、迷う事無くゆりあは回答を拒否した。

「えっと……あの……」

「何?」

「今日の事は何にも見なかった事に……」

完全にやる気の無くなった相手へと、隆治はおずおずと話題を切り出す。

「……分かったよ。」

「あとは……」

「まだあんの?」

ため息を吐いてから承諾したゆりあに隆治が言葉を続けようとすると、彼女はどこか気に入らない様子で問い返した。

「蹴りをメインにするなら……その……スカートは長い方が……」

「はぁ?お前っ!」

「ごめんなさいっ、失礼します!」

隆治の指摘で自体に気付いたゆりあは詰め寄ろうとするが、彼は謝罪の言葉を残して逃げるようにその場を立ち去る。

「普通の女扱いしてんじゃねぇよ、ばーか。」

不満そうに告げていた彼女であったが自然に笑みが溢れると、先程隠し撮りしていた彼の写真に軽く口付けをした。

こらるめんて ( 2015/11/06(金) 00:12 )