プロローグ
01
翔吾〜ご飯だよ〜」

「ほーい」


俺は桜井翔吾。
昨日で春休みが終わって今日から高校2年。


「おはよー」

「あっ翔吾おはよう。」

「今日から姉ちゃんも大学?」

「うん。そうだよ〜」


この人は玲香姉ちゃん。
今年から大学生。めっちゃ勉強して結構有名な大学に入った。よく入れたよなぁでも。




「じゃあ行ってくんね〜」

「はーい。行ってらっしゃい。」




「よっ!おはよ!」

「おお雄也おはよ!」


こいつは親友の橋本雄也。
幼馴染みってのもあってよく遊んだ。
今でも遊んでるけど。


「なあなあ、あそこの家誰か越して来たのか?」

歩き始めてすぐ雄也が聞いてきた。

「え?そうなのか?知らねぇな…」


その家の前を通る時に丁度出てきた女の子。
俺達と同じ制服を着てた。

「あっあの子同じ学校じゃんか。」

「ほんとだ。転校生かぁそしたら」


「てか朝練遅れる!走るぞ!」

「おっおう!」




■筆者メッセージ
難しい……非常に難しい……
ヒロりん ( 2016/02/13(土) 02:09 )