第3章
03
「向井地優希だな。」
「ん?」

優希は名前を呼ばれ振り向いた。すると後ろには初めて見る女子生徒がいた。

「誰あんた?」
「向井地優希、女子の名前を覚えないとはどういうことだ?」
「は?」
(なんだこいつ、感に触る奴だなぁ…)

優希はイラッとする言葉を言われるとつい顔に出てしまう。それを見た女子が睨み返した。

「女子を睨むとは考えられん。」
「さっきからガミガミうるさいな。」
「岡田さん…」
「真央知ってるの?」
「知ってるも何も、前生徒会長の岡田さんだよ。」
「岡田さん…あ、岡田奈々さん?」

真央に言われ愛佳も気付いたようだ。しかし、優希や悠太らはピンともきてなかった。

「そんな子いた?」
「いたじゃん。見た目そのままの子じゃん。」
「生徒会とか全く興味がなかったし…寧ろ名前なんかもっと興味なかったし。」
「向井地、話し方少しは直したらどうだ?」
「あ?なんだよさっきから…せっかくの昼ご飯が台無しだろ?」
「はっきり言う、お前みたいな奴は嫌いだ。」
「あっそ、俺も嫌いだし。偉そうに次から次へとガミガミうるさいしな。邪魔だ邪魔。」

岡田はムスッとしながら優希達から去って行った。

「なんだよあいつ、偉そうに言いやがって。」
「まあまあ優希落ち着いて。」
「元生徒会長だからって調子に乗るんじゃないっつうの。」
「確かに岡田さん言い過ぎてるとこはあるけど、優希も負けないくらい言ってたよ。」
「あー腹立つ。せっかくの昼ご飯が台無し!自販機行ってこよ、イライラする。」
「待てよ優希、俺も行くから。」

優希はイライラしながら自販機に向かった。尚も後について行った。

「今度は岡田さんと一悶着ありそうだね。」
「うん。あんだけ嫌ってたし、もう…優希って面倒なこと呼ぶよね。」
「仕方ないといえば仕方ないけど、俺らを巻き沿いにするのはごめんだな。」
「その逆もあるけど。」
「確かに。」

悠太達はそう言うとまた昼ご飯を食べ始めた。

■筆者メッセージ
新メンバーは岡田奈々ちゃんでございます。
夜明け前 ( 2018/04/04(水) 18:01 )