登場人物
主人公達
1人目、主人公橋本修二(はしもとしゅうじ)
CF(センターフォワード)
チーム レアル・マドリード(スペイン)
身長178cm
U-15に13歳にして選出された逸材、世界大会で得点王、全国大会では得点王とMVPに輝いた、その活躍からスペインの有名クラブから誘われ下部組織に加入、4年間在籍し自分の力を磨きトップチームへ昇格するもある事をきっかけにチームから放出され日本に帰ることになった。
武器は東洋人とは思えない俊足、キック力、決定力を持ち、17歳にして日本のエースになった天才。
異名は『レアルの若獅子』


2人目、松村 悠人(まつむらゆうと)
CMF(センターミッドフィルダー)
身長178cm
チーム パリ・サンジェルマン(フランス)
修二と同様13歳でU-15に選ばれた逸材で世界大会でアシスト王、全国大会でもアシスト王に選ばれ、その活躍から誘われたフランスの有名クラブの下部組織に加入し、トップチーム昇格は時間の問題とまで言われている。
武器は1人でも切り込めるドリブル、正確なキック、フィールドを上から見てるかのような視野の広さを持ち、17歳にして日本の10番を背負う天才。
異名は『パリの若き将軍』


3人目、白石 蒼(しらいしあおい)
CB(センターバック)
身長172cm
チーム ボルシア・ドルトムント(ドイツ)
修二と悠人、同様に13歳でU-15に選ばれた逸材で世界大会では身長差20センチもある相手でも当たり負けしないほどの対人スキルを持つ、その活躍からドイツの有名クラブの下部組織に加入し、来シーズンから昇格が決まっている。
武器は1対1の勝負強さ、評価の高いビルドアップ、日本人離れした当たり強さを持っており17歳でトップチーム昇格を獲得した天才。
異名は『アジア産ベルリンの壁』


4人目、生田 翔太(いくたしょうた)
DMF(ディフェンスミッドフィルダー)
身長175cm
チーム 乃木坂高校(日本)
ドイツに12歳まで住んでおり、その頃からいろんなチームの下部組織に誘われていた。U-15には選ばれなかったが、修二、悠人、蒼と一緒に15歳でU-18に選ばれた逸材、アンカーとしての能力は世界で通用するものがあると評価されるも海外クラブの下部組織、国内ユースには入らず高校サッカーをする事を選んだ。
武器は評価の高いアンカー能力、ゲームメイク力、危機察知能力を持ち、高校1年生から強豪校の中心選手になった天才。
異名は『戦艦の舵取り役』


5人目、秋元 拓真(あきもとたくま)
GK(ゴールキーパー)
身長177cm
チーム PSV(オランダ)
U-15に14歳で選ばれた逸材、身長などの体格のせいで、上の世代の代表には呼ばれなかったが類い稀なキャッチングセンスと攻撃的なゴールキーパーとしてオランダの有名クラブの下部組織に加入し、成長している。
キーパーとして、身長は低いがそのハンデを埋めるような脅威的な反射神経と跳躍力がある。日本の守護神になる男
武器はユースレベルの無回転シュートはキャッチ出来るキャッチング能力、ペナルティーエリア外に出てディフェンスする積極性、狂ったようにゴールを死守する姿から
異名は『狂人』


東魁 ( 2020/07/13(月) 15:52 )