欅共和国の激動‎ ━咲く櫻、散る櫻━


















小説トップ
【🌸櫻咲く編】小林由依と田村保乃に嬲られる悪魔
4.再会と逆転
‎ そのわずか数分後…。
「んぐっ…!んごぉッ…!」
「ふふっ…♪ほら、もっとちゃんと咥えなさいよ」
 ペニスバンドを巻いて膝立ちの女と、その眼下にひざまづき、四つん這いで口を突かれる男。



「ほら、もっとッ!」
 威圧するように声を上げる小林が、掴んだ鮫島の後頭部をぐっと引き寄せると、勢いよく奥まで突き刺さり、鮫島は思わず、
「ぐぇぇっ…!」
 と、えずいてペニスバンドを吐き出した。
 その様をニヤニヤと笑いながら見下ろす小林。
「アンタもよく女に、こうやって無理やり咥えさせたりしてたんでしょ?それがどれだけ辛いことか分かった?」
「━━━」
「休むヒマなんて与えないわよ。ほら、続けて?」
「くっ…ふ、ふざけるな…!貴様、いいかげんに…!」
「あら?なに?何か言った?」
 生意気な口答えには制裁を。
 手に持った小さなリモコンをオンにすると、

 ブィィィン…

 という振動音とともに、
「うぉぉっ…!?」
 と鮫島は声を上げた。
 左右の乳首と睾丸に貼りつけた遠隔ローターの振動が刺激を与えて黙らせる。
‎ 巧みなリモコン操作とともに、
「…分かった?アンタはもう私に逆らえないの。ほら、自分の立場に理解したらさっさと舐めて濡らしなさいッ!」
 と、再度、掴んだ頭を引き寄せ、無理やり咥えさせる。
「んぐっ…!んぐっ…!」
「ふふっ♪情けないわねぇ…今まで泣かせてきた女の子たちが見たらどう思うかしら?」
(く、くそぉっ…!)
‎ 頬の肉を口内から押し上げられ、苦悶の表情を浮かべる鮫島だが、小林は構わず、
「どう?たっぷり濡らした?どれどれ…♪」
 腰を引いて引き抜き、ペニスバンドが唾液まみれになったのを確認すると、
「オッケー。上出来ね。それじゃあ、そろそろ…♪」
 と、いよいよ四つん這いの鮫島の背後に回った。
「くっ…!」
 おのずと犬っころのように四つん這いで逃げ出す鮫島だが、すぐに追いつかれ、尻を掴んで引き戻られる。
「ふふっ♪どこに行くつもりだったのかしら?」
「は、離せッ…!」
「今の逃げようとしたぶんの罰もプラスして、たくさん掘ってあげなきゃねぇ…♪」
 と小林は言って、ピタピタと、ペニスバンドの先端を鮫島の尻に打ちつけ、
「さぁ、覚悟はいい?たっぷり犯して、しつけてあげるからね…♪」
「くっ…よ、よせっ…!」
「…いくよ?」
「や、やめろっ!やめろぉぉっ…!」
 遂に、ヒクヒクと呼吸する鮫島のアナルへとあてがわれたペニスバンド。
 そして、いよいよ小林が腰を前に突き出し、制裁の逆レイプ!…_と、その時だ。

「そこまでよッ!」

 突然、部屋に響いた女の声。
(…?)
 挿入寸前だった腰を止め、声のした方に目をやった小林は、次の瞬間、思わず、
「…なっ!?」
 と驚きの声を上げた。
 目に映った光景…それは、猿轡を嵌められ、関有美子に羽交い締めにされた上に、長濱ねると渡邉理佐に短剣を突きつけられた保乃の姿だった。
「ほ、保乃っ!?」
‎ 目を見開き、それまで笑顔だった美しい顔が愕然に変わった小林に対し、
「んぐぐぐっ…!」
 と、猿轡の奥で何かを伝えようとしている保乃だが、聞き取れない。
(な、なぜ保乃が捕まってるの!?それに、何で、理佐やねる、関ちゃんが保乃を…?)
 これまで一貫して余裕な態度だった小林に初めて浮かぶ狼狽と動揺…。
 たまらず、最も付き合いが長く、親友でもある理佐に目を移し、
「り、理佐ッ…!これは、いったい…!?」
「ふふっ…久しぶりね、由依。それに保乃ちゃんも」
 と、理佐は不敵な笑みを浮かべ、
「二人も、ご主人様の調教を受けに来たの?」
「ご、ご主人様…!?」
 親友の口から出た言葉に、思わず耳を疑う小林…。


 それは、小林が鮫島に対して着々と制裁の準備を進めていた数分間の出来事…。
 鮫島から捕らわれた仲間たちの幽閉場所を聞き出し、救出に向かった保乃。
‎ 問題の隠し扉を発見し、地下牢に辿り着いたまではよかった。
 そこに捕らわれていたのは渡邉理佐と長濱ねる、そして関有美子。



 早速、鉄格子を開き、三人を外に連れ出そうとした矢先に、突然、理佐からみぞおちに不意打ちの拳を食らって悶絶し、続いて、ねると有美子に二人がかりで組み伏せられた。
 …そう。
 捕らわれて以来、連日、復讐兵団お抱えの娼婦同然の生活を強いられていた三人は、次第にそれが当たり前になり、そしていつしか、快楽に依存し、彼らの下を離れられない身体になってしまっていたのだ。
 身体を捧げるのは曜日ごとの当番制。
 月曜日と木曜日は理佐。
 火曜日と金曜日はねる。
 水曜日と日曜日は有美子が、それぞれ、男たちの性欲処理の相手を務める。
 そして日曜日は三人が一堂に会し、特製の媚薬投与で高められた身体を鮫島の巨根で失神するまでイカせてもらう至極のハーレムマンデーナイト。
 こうして三人は、いまや、毎週末を心待ちに一週間を過ごすだけの、組織の公認ダッチワイフへと成り下がっていたのだ。
 そうとも知らずに迂闊に飛び込んだ保乃は、あわよくば週末を待たず、ご褒美にありつこうと考えた三人の手で、まんまと捕獲され…。


‎ なおも不敵な笑みで語る理佐。
「…ねぇ、由依。よく聞いて?私たちね、もうどうでもよくなっちゃったの。女としての威厳やプライドなんかよりも、毎晩、男に抱かれて、週末にはご主人様から最高に気持ちいいことをしてもらう生活の方が生きた心地がするようになっちゃったの」
「り、理佐…!それ、正気なの…!?」
 親友が口にした耳を疑う発言に、唖然とする小林。
 そして…。
「…クク……ククク…」
 ふいに足元から漏れだす復権を示す悪魔の笑み。
「でかした…!でかしたぞ、お前たちッ!この褒美は、あとでたっぷりとくれてやるとしよう!」
「くっ…!」
 起き上がろうとする鮫島に気付き、慌てて首根っこを押さえつけようとする小林。…だが。
「動かないでッ!由依っ!」
 理佐の一喝が轟き、
「保乃ちゃんがどうなってもいいの?」
 と、保乃の首筋に、より鋭角に短剣を突きつける。
「くっ…!」
「私たちは本気よ?今だって身体がウズウズしてるの…この疼きを静めてもらえるなら、手段は選ばないわ」
「━━━」
 理佐の言うことよりも、とにかく保乃の身を案じて動きが鈍った小林。
 そこに…!
(…!?)

 ドゴォっ…!

「…んぐッ…!」
 その一瞬の隙をつき、素早く起き上がった鮫島の余力を目一杯に込めた渾身の拳が小林のみぞおちにクリーンヒット。
 そして、激痛に顔をしかめ、殴られたお腹を押さえて前屈みになった小林の髪を掴み、
「ククク…よくも好き放題やってくれたなぁ?調子に乗りすぎなんだよ、このクソ女がぁっ!」
「あうぅッ…!」
 さらに、もう一発、モロに拳を喰らい、ふらつく小林。
 そして鮫島は、身体に貼りつけられたローターをまとめて払いのけ、さらに小林が腰に巻いたペニスバンドもむしり取るようにして引き剥がすと、まとめて床に力任せに叩きつけた。
‎ ガチャン!…と音を立てるオモチャの数々。
‎ ローターにいたってはプラスチックが砕けて中のモーターが飛び出し、壊れてしまった。
 そして、
「よくも…よくもこの俺様をコケにしてくれたなぁッ!?女の分際で!こんな屈辱は初めてだ!このっ!このっ!」
「うぅっ…ぐぅっ…!」
 床に崩れ落ちた小林の細い身体を、なおもガシガシ踏みつける鮫島。
 そして最後は、床に突っ伏した小林の背中をグリグリと踏みつけながら、捕らわれの身となった保乃にも目をやり、今一度、悪魔と形容された冷たく鋭い目つきになって、

「ククク…覚悟しておけよ、貴様ら!俺にした散々な仕打ちの数々…この恨みを今から何倍にもして返してくれる!普段の生易しいモノだと思うな!!二度と男に逆らえないようにして、骨までしゃぶり尽くしてやるからなッ!」

 と、部屋に響く声量で、地獄の形勢逆転を声高らかに告げた。
‎ 因果応報に次ぐ因果応報…次は彼女たちが調教される番だ…!

‎ 


(おわり)

鰹のたたき(塩) ( 2024/04/20(土) 23:47 )