欅共和国の罠 ― 捕らわれた男たちの記録 ―















小説トップ
<番外編>森田ひかると田村保乃に捕まったヲタレッド
5.サンドイッチ
「んっ…!あっ…!」
 小さな息の乱れが小刻みに、延々と部屋に漏れる。
 再び手足を「X」の字に拘束された五郎。
 その仰向けの顔の上に跨がったヒカルの小さな身体は、股の間を舐める舌の動きに合わせ、ピクピクと動いた。
「ほら。ドMヒーロー、舐めたいでしょ?舌、出しなよ」
 と言われて始まった強制顔面騎乗の筈が、気付けば積極的に舌を這わせ、すすんで奉仕をする五郎。
「んっ…!じょ、上手じゃん…あんっ!」
 これまで、やや生意気に映っていたヒカルの態度が、急にしおらしくなった。
 薄い陰毛が鼻筋に触れ、少し固くなったクリトリスが鼻の頭に当たる。
 そのまま激しくクンニをしてやると、その反動でクリトリスも一緒に擦れて、
「んっ!んっ!」
 と、喘ぐヒカル。
 小さな身体に相応の小さな割れ目は、たちまち愛液と五郎の唾液で潤いを得る。
 その一方で、ヒカルの花弁を丹念に舐め回す五郎も少し息が荒いのは、仰向けで放り出された肉棒をホノスが握り、扱いているからだ。
「アハハ!ヒカル、めっちゃ感じてるやん」
 とイジるように笑うホノスに対し、ヒカルは、
「だ、だって…んんっ!こ、こいつの舌遣い…すごいんだよ…あぁっ!」
「だって、あのリサ様が調教した奴隷やもん。そこらへんは、しっかり教育されてるやろうしなぁ」
 ホノスは、おっとりとした関西弁で納得しながら、
「ヒカルがイッたら、次、私な?」
 と言って、それを楽しみに、手コキを続ける。
 時には先端に舌も這わせたりしながら勃起したイチモツを嬲り、強制クンニに従事する五郎に快感を与えていく。
 好きにしていいとリサから許可を得た二人は、自らのテクニックを試し、自らの性欲処理をために五郎の身体に群がる。
 唐突に、
「んんっ…!あっ…イ、クっ…!」
 小さな声を上げ、冷や水を浴びたような跳び跳ねる反応で、絶頂に達するヒカル。
 さっきまでの小悪魔な態度から一変、控えめで可愛らしいイキっぷりだ。
「はぁ…はぁ…」
 荒い息で余韻に浸るヒカル。
「気持ちよかった?」
 と問うホノスに、こくりと頷き、
「ヤ、ヤバいんだけど、こいつ…」
「へぇー。楽しみやわぁ♪」
 ホノスは、五郎のイチモツから手を離すと、ガクガク震えながら腰を上げたヒカルに代わり、
「次は私な」
 と言って、早速、五郎の顔の上にのしかかった。
 そのまま肉付きの良い太ももで左右からぎゅっと顔面をロックする。
 強引に押しつけられる股間。
 毛むくじゃらの陰毛が鼻を隠し、湿った割れ目と唇が十字にクロスする。
「さぁ、舐めて。もうヒカルの感じてる声と、ビンビンのチンポ触ってただけでヌレヌレやねん。だから早く、んあぁっ!?ああぁぁっ…!」
 声を押し殺すようにしていたヒカルと違って、反応を隠さないホノス。
「す、すごぉっ!し、舌先が…ビラビラをベロベロ…んひゃぁっ!」
 ヒカルの言ってた通り、リサに調教された五郎の舌技は絶品だった。
「き、気持ちいいっ!さ、最高ぉっ!も、もっもしてぇっ!」
 思わず背後、五郎の胸板に手をつき、膝を立てて、自ら腰をグラインドさせて五郎の舌へ擦り付けるホノス。
「やばっ…!もう、ほぼ騎乗位じゃん」
 と、次はヒカルがイジるが、ホノスは言い返すよりも頷いて、
「ホンマ、ヤバいわぁ…腰が止まらへん…!んあぁぁっ!?ああぁぁっ!」
 ヒカルの時と同様、鼻先がクリトリスを押し潰すとホノスは絶叫。
「も、もっと、舌、出して!」
 と命令し、自身で再度、押しつけるように腰を振る。
 もはや顔面騎乗ではなく、ただのオナニー。
 あかんべーをする五郎の舌に緩んだ割れ目をグリグリと押しつけ、巧みに円を描くように腰を動かす。
「んはぁぁっ!ザ、ザラザラしてるぅ!ザラザラしたベロがマンコにぃっ、んあっ、あぁぁっ!」
 卑猥な言葉を交えながら感じまくるホノス。
「舐めてっ!いっぱい舐めてぇっ!私も…私も自分で腰振るからぁっ!んひゃぁぁっ!」
 そんなホノスの取り憑かれたような腰振りを後ろから見ながら、ヒカルは、その小さな口で、五郎のカチカチになった肉棒を咥えていた。
 半分ほどまでしか入らず、肥大したカリ首だけで口の中がいっぱいだが、それをヒカルはしっかりと咥え、口内で舌を巻きつけるようにして先端を刺激した。
「うぅっ…!」
 ホノスの絶叫の隙間で、かすかに呻き声を漏らす五郎。
 先端から我慢汁が滲み出てくるのを口内で感じる。
 散々、我慢汁を吸い出した後、ヒカルはようやく口を離し、次は舌を出して玉の裏から先端の尿道まで長いアプローチで舐め上げた。
 それに合わせ、びくんと動いた五郎の脚。
 なおもヒカルはソフトクリームを舐めるような舌使いを続け、五郎のイチモツを限界まで固くさせてゆく。
 その間に、ホノスは、
「んはぁぁっ!イ、イクぅっ!ほら、もっと激しくしてぇっ!ラストスパートぉっ!んはぁぁっ…!」
 と絶叫し、びくびくと痙攣した。
「ヤ、ヤバいわぁ…気持ちよすぎるわぁ」
 余韻に浸り、心地よさそうに笑みを浮かべるホノス。
 そして二人は、次に、天に向かって立派に勃った肉棒をターゲットに、立て膝で左右から濡れた股間をあてがう。
「んひぃぃっ!?」
「んっ、あっ…!」
 思わず仰け反るホノスと、ひっそり声を漏らすヒカル。
 一方で五郎も、よく湿った生温かい秘肉で左右から挟まれる感触に、思わず腰を跳ねる。
「ほな、行くでぇ?」
「覚悟しなよ?」
 と二人は言うと、そのまま同時に腰を上下に動かした。
「はうぅッ…!うあぁぁっ…!」
 身長差のある二人からの“ダブル素股”に悶絶する五郎。
 息の合った上下運動と、竿にまとわりつく二人の濡れたビラビラが堪らない。
「ひ、ひぃぃっ!」
 まるで太いウインナーを挟んだホットドッグのように、二人の股で挟まれた竿。
 ズリズリと肉同士の擦れる音とともに、密着する二人の合わさった陰毛の中から、一定のリズムで真っ赤な亀頭が顔を覗かせる。
「うがぁぁっ…!」
(な、何だ、これ…!ヤ、ヤバいっ…!)
 正義のヒーローもこの至極の快楽には歯が立たず、一分も経たないうちに腰を浮かせ、悶絶する。
「アハハ!見て、ヒカル。自分でも腰振ってるわ」
「ホントだ。きっも…!」
 ヒカルは小馬鹿にしたようにニヤニヤしながら毒を吐き、
「じゃあ、次は互い違いにしよっか。こうして…」
 と、腰を振るタイミングを少しズラす。
 ホノスの花弁とヒカルの花弁が交互に亀頭にまとわりつくたび、
「くっ…あぁっ!はぁぁっ!」
 情けない声を上げる五郎。
 そして、次第に、
「んんっ!す、すごい固いぃっ!」
「ク、クリも擦れて…き、気持ちいいよぉっ…!」
 本物の肉棒を、まるで床に立てたディルドのように扱う二人。
 二人のサンドイッチ素股は、それぞれの股が大洪水になるまで続き、その間にホノスは二回、ヒカルも一回、摩擦だけで絶頂に達した。
 五郎も射精してしまいそうだったが、ここは何とか耐えた。
(こ、ここまで来たら…ほ、本番をしてイキたい…!)
 もはや脱出を諦めた奴隷の頭は、そんなことを考えていた。
 そして、そんな五郎がお待ちかねの、いよいよ〆の生挿入へと移る…。

鰹のたたき(塩) ( 2020/07/21(火) 09:00 )