欅共和国の罠 ― 捕らわれた男たちの記録 ―















小説トップ
序章編 小池美波と齋藤冬優花に捕まった男
3.復讐
「あー、苦手なやつ来たわー」
 齋藤がわざとらしく頭を抱える。
(うわ、うっざ…)
 お調子者の齋藤らしい煽りだと分かりつつ、
(本当は自信あるくせに…)
 と、その白々しさに小池は思わずムッとした。
 次の対決はパイズリ…ご察しの通り、そのパイの部分が豊かな方が格段と有利の技だ。
 だが、肉付きの良い齋藤の盛り上がった胸に対し、小池の胸は……。
 しかも、今、二人の星取は2勝2敗の五分来てているが、その2敗は、ともにここで苦戦するうちに先に齋藤に射精を許し、負けた。
 いわば小池にとって、ここは唯一の苦手な項目だった。
 ここさえ凌げば次はフェラチオ。
 フェラチオなら自信がある。
 齋藤はまだニヤニヤしていて、
「みぃちゃん、どうする?私、苦手だから、先にやる?」
「やらへんわ!うるさい、黙って、ホンマに…」
 しつこい煽りに、ついつい口が悪くなる小池。
「あーあー、ムキになっちゃって…しょうがないなぁ」
 と言いながらブラを外す齋藤。
 どしっと重量感のある乳房が圧迫から解放されて姿を現した。
 カウントを開始し、まずは齋藤のターン。
 先ほどの手コキによって溢れ出たカウパー液がちょうどいい潤滑油となる。
 慣れた手つきで齋藤の胸に挟まれ、埋まっていく五郎の肉棒。
 そのまましっかりと押さえ込み、ズリュッ、ズリュッと乳肉で挟んで扱くと、気持ち良さそうに仰け反る五郎。
「うぅっ…くうっ…!」
 悶える五郎の反応を、小池は、口を尖らせながら眺めた。
(イッたら許さんから…!)
 と念を込め、睨みつける。
 そんなこととは露知らず、齋藤は、その豊満な身体ゆえ、挟み方にもバリエーションをもたせて責める。が、もちろん、まだ手の内は見せない。
 なぜか“第2ラウンドが必ずある”という考えの下、明らかにテクニックを温存している。
 そして齋藤は、充分に余力を残して規定の3分を迎えた。
「さぁ。次、みぃちゃん」
 と余裕綽々で自ら交代を告げる齋藤。
「ん〜っ!」
 ほっぺたを膨らませながら、ブラを外す小池。
 白い肌に同化した気持ち程度の膨らみが現れた。
「じゃあ、行くよー?スタート!」
 齋藤の意気揚々とした声で、後攻、小池のターンが始まった。
 五郎の太ももに抱きつくように身体を押しつけ、身体を上下に揺する。
 すべすべした美肌が擦れ、
「うぅ…」
 と息を漏らす五郎。
 だが、同じ吐息でも、さっきの齋藤の時と比べると少し弱い。
 精一杯、腋の方から集めてきた肉を手で寄せ、谷間を作るが、挟もうとすると手が滑り、戻ってしまう。
 よって、結局、この種目の肝である「挟む」という行為は断念し、胸周辺の肉を自ら擦りつけることになる小池。
 これでも多少の刺激にはなると思うが、やはり仰け反るまでの反応はない。
「はい、終了〜!」
 と齋藤が声を上げ、持ち時間の3分が終了したが、正直、小池自身の体感ではもっと長く感じた。
 それぐらい苦戦したということだろうか。
 そして第2ラウンド、さっきと違って並々ならぬ意欲を持った目で齋藤が臨戦態勢に入る。
 カウント開始と同時に、唾液を垂らして湿らせた谷間で素早く竿を包み込み、ロックする。
 そして本腰を入れたプレスで上下に扱き、肉棒を白い肉の弾力でもみくちゃにする。
「ほら、どう?私のおっぱい」
「ぐぁぁ…あぁっ…す、すごいっ…!」
(ハァ!?すごいって何やねんっ!)
「どうされてるのか言ってごらん?」
「つ、包まれて…扱かれてる…がぁぁっ…!」
(包まれて、とか…みぃに対する嫌味かっ!)
「ほら、先っちょグリグリ押し潰されたら気持ちいいでしょ?」
「あぁっ…た、たまらない…こ、腰が勝手に…!」
(いや、みぃの時も同じように腰振れや!ぼけ〜っと直立不動やったくせに…!)
 もはやツッコミしか出てこなくて、すっかりスネる小池。
 そんな小池をチラリと見た齋藤は、意地悪な笑みを浮かべて、
「ほら、言ってごらん?さっきと今、どっちが気持ちいい?」
「ハァ!?」
 野暮な質問に思わず眉間にシワを寄せる小池だが、齋藤は構わず、
「ねぇ、言わなきゃパイズリやめちゃうよ?正直に言ってみ?ほらほらぁ!」
「あぁっ…ひぃぃっ…!」
 ジタバタと足踏みしながら、
「こ、こっちのパイズリの方が…き、気持ちいいですっ…!」
「ハァッ!?ホンマむかつくねんけどっ!」
 と憤る小池に対し、齋藤の悪ノリは止まらず、
「それをちゃんとあっちの娘に向かって言ってごらん。言えたら私のおっぱの中で出させてあげる。早く出したいでしょ?このビンビンチンポ!」
「だ、出したい…出したいです…!」
「じゃあ、言って。『ふーちゃんの方が気持ちいい』って」
 と、けしかけながら、谷間に唾液を追加し、ラストスパートに向けて準備をする。
「んがぁぁっ…!」
 五郎は、もはやただの兵庫のヤンキーと化した小池に目を向け、
「ふ、ふーちゃんの…方が…き、気持ち…いい…!あぁぁっ!で、出るっ!そんなに激しく揺らされたら出るぅっ…!!」
「いいよ、出して!みぃちゃんに見せつけるように射精して!」
「あぁぁっ!イクっ!イクぅぅっ…!」
 そのまま、齋藤の谷間の中で射精した五郎。
 大量の精子をぶちまけ、放心状態でビクビクと震える。
 齋藤は嬉しそうに、
「はい出たぁ〜!」
 と勝ち誇り、プレスを解除して飛び出した肉棒を握り、竿の向きを無理やり小池の方へ向け、
「ほら、最後まで出し切って!みぃちゃんにも見せてあげて」
 と追撃の手コキを行う。
「あぁぁっ…も、もうダメだぁ…!」
 ワンテンポ遅れた残りの精子が、ピュッ、ピュッ…とわずかな勢いで小池の足元に着弾する。
 そっちには目もくれず、腑抜けた五郎の顔を一点集中、鬼の形相で睨み付ける小池。
 齋藤は最後の一滴まで搾り取ると、
「よし、終わり!私の勝ちね!」
 と、満足げに言った。
 そして最後は悪ふざけで、
「また勝ちましたわー!楽勝ですわー!」
 と禁断のエセ関西弁を連呼する齋藤。
 はらわたが煮えくり返った小池の白い頬は真っ赤になっていた。


 その後。
 身の振りを決めるのは翌朝ということになり、今晩は詰所に幽閉されることになった五郎。
「一晩ぐらい放っておいても死なないでしょ」
 と楽観し、電気を消して宿舎へ帰ってしまった二人。
 柱に繋がれた手錠は外れる気配がない。
 異国の地で捕らわれ、真っ暗な部屋に一人ぼっち。
 窓の外は漆黒の闇。
 この夜が明けた時、どうなるか分からない。
 明日の今頃は死んでいるかもしれないと考えたら恐怖を感じるが、やがて、恐怖を感じることすら虚しくなった。
(寝るしかないか…)
 何も出来ない絶望感の中、五郎は静かに目を閉じるのだった。

 ……

 ペチッ…ペチッ…

 頬に痛みを感じて目が覚めると、視界が明るかった。
(もう朝か…?)
 と思ったが、ふと目に入った窓の外はまだ漆黒の闇のままだった。
「えっ…?」
 と思わず目を見開き、そこでようやく、明るいのは部屋の電気、そして頬を叩いていたのは小池美波だと分かった。
「…起きた?」
 と美波は顔を覗き込むと、まだ寝起きの五郎の顎を掴み、怒りに満ちた眼で、
「さっきはよくも恥かかせてくれたなぁ?…なぁ?聞いてる?」
「んっ、ぐっ…!」
「もうムカついてムカついて、どうしても我慢できんくて、ふーちゃんに内緒で戻ってきちゃったわ」
「な、何を…?」
「何をって、そんなん“仕返し”に決まってるやん?」
 と言いながら無理やりキスをする小池。
 口調とは裏腹に、さっきの甘いキスを再び繰り出し、抵抗する力を抜いておいて、最後は耳元で、
「アンタ、さっき、何て言うてたっけぇ?確か〜…『ふーちゃんの方が気持ちいい』…やっけ?あれ、前言撤回して『みぃちゃんの方が』に言い直すまで許さへんから覚悟しぃや?」
 と囁く小池。
 根に持つ関西オンナの復讐が始まる…!

鰹のたたき(塩) ( 2020/05/23(土) 22:11 )