欅共和国の罠 ― 捕らわれた男たちの記録 ―















小説トップ
序章編 ゆいちゃんず(小林由依&今泉佑唯)に捕まった男
6.小林由依との夜 (※必ず先に「5」の分岐から読んでください)
「どう?気分は?」
 鉄格子越しに問いかけるボンテージレオタードの小林由依。
 五郎が疲労困憊な上に拘束されていて抵抗できないのをいいことに堂々と正面から鉄格子を開けて入ってくる。
 小さな電球の明かりの中、前に立ち、その美脚を見せびらかすようにして、五郎の直立する脚をヒールの先で小突く。
「うっ…!」
「ふふっ。情けないわねぇ。インターポールの潜入捜査官ともあろう者が、捕まって女にあの手この手で抜かれ放題。果ては精子を枯らして失神しちゃうなんて…どのツラ下げて本部に帰るつもりかしら?」
「くぅっ…!」
 ド直球の嘲笑に対し、返す言葉もなく、顔を赤らめるだけの五郎。
 やがて標的は脚から太もも、そして股の間の萎んだイチモツへと移る。
「あらあら、さっきまであんなにビンビンだったのに、こんなに縮んじゃって…」
 小林はヒールの先で竿を持ち上げ、揺らして、
「ほら、またさっきみたいに勃起させてみたら?」
 と見下しながら、最後はぐりぐりと踏みつける。
「うっ…ぐっ、うぅっ…!」
 妖艶なコスチュームから伸びるスラッとした美脚、普段ならMっ気を刺激されて反応してしまうところだが、今回は精子の生産が追いついていないため反応せず、鈍痛だけが残る。
 ふいに小林が、何やら錠剤を取り出し、五郎の目の前にかざした。
「これ、何か分かる?」
(ま、まさか…毒…か?)
 五郎の目に緊張が走る。…が、小林は苦笑して、
「そんな怖い顔しないで。別に飲んで死ぬようなものじゃないから」
「じゃあ、何だ…?」
 怪訝そうな顔をする五郎。
 小林は、そんな五郎の顔を覗き込んで、
「アンタ、ここで開かれているマーケットを調べに来たんでしょ?」
「━━━」
「これはね。今度、そのマーケットに並べようと思ってる強力な精力剤。飲んだらウマ並みになって何回でも射精できるわよ。まさに今のアンタにもってこいじゃないかしら?」
 小林はニタニタ笑いながら、その手にした錠剤を五郎の口へ運ぶ。
「よ、よせっ…!」
「ほら、口を開けて」
「や、やめろっ!」
 必死に口を結ぶ五郎。
 すると、いきなり、小林の美脚から繰り出された膝蹴りが、もろに股間に命中した。
「ぎゃぁぁぁっ…んぐぅっ!」
 蹴り上げられた股間の痛みに悲鳴を上げた瞬間、錠剤を無理やり口に押し込まれ、さらに手の平で蓋をされた。
「さぁ、観念しておとなしく飲み込みなさい!」
 そう言って小林が鼻を摘まむと、だんだん酸素が足りなくなり、息苦しくなって、むせた。
 その勢いで喉の奥へと落ちていく錠剤。
 喉が鳴ったのを確認すると、小林は、
「さぁ、クスリの効果が出てくるのが待ち遠しいわ。次は優しくしてあげるからね」
 と言い、おもむろに五郎の唇にキスをした。
「んむぅぅ…!」
 香水のニオイに柔らかな唇、そして生暖かい舌で五郎の口内を舐め回す小林。
 優しくしてあげると言った言葉の通り、今しがた股間に膝蹴りを見舞った女とは思えない。
 その甘い舌遣いに翻弄され、身を任せてしまう五郎。
 さらに、爪の先で乳首を弾き、太ももをイチモツに擦りつけ、尽き果てた筈の性感を再び呼び戻そうとしてくる。
 口を離した瞬間の小林は、それまでの女王様っぽい眼光鋭い表情と打って変わり、柔和な顔をしていた。
「早く効き目が出ないかなぁ?」
 乳首をクリクリと指先でいじりながら、待ち遠しそうに呟く小林。

 実は、先刻の拷問で久しぶりに男をオモチャにして楽しみながら、ひそかに興奮を覚えていた小林。
 その時は隣に今泉もいたので、やや斜に構え、一線を越えることに躊躇したが、あんな立派な大きさ、長さ、太さを誇る五郎の肉棒の感触が忘れられず、気付けばこうして、夜中、人目を盗んで地下牢に足が向いていた。
 
「…アンタ、ここ、弱いでしょ?」
 由依は、隆起してきた乳首を摘まみ、指の腹で転がした。
「うぅっ…!」
「さっき、やけに良い反応すると思ってたの。チンポが起きてくるまで、こっちで遊んであげる」
 そう言って前屈みになり、舌を這わせる由依。
 髪を耳に掛ける様が色っぽく、小刻みに動く舌遣いもたまらない。
 乳首を舐めながら、右手をイチモツに添え、勃起を促すようにスリスリと撫でる。
(か、身体が…アソコが…熱い…!)
 無理やり飲まされた精力剤が早くも効いてきたようだ。
 フニャチンがみるみる硬化し、むくむくと起き上がる。
 機能がストップした睾丸に鞭が打たれ、超ハイペースで精子の生産が再開されたような感覚で少し下腹部が苦しい。
 その苦しさを紛らすように、由依は、乳首を舐め、ねぶり、そして吸い付く。
「くっ…うぅっ…!」
「ふふっ。勃ってきたじゃない…」
 乳首を責めながら、股間を横目に確認し、ご満悦の由依。
 本来の姿を取り戻したイチモツに目がうっとりとして、ゆっくりと自らの股ぐらに指をやる。
「んっ…!」
 舌技を続けながら自らを慰め、甘い声を漏らす由依。
 やはり、さっきまでの冷徹で意地悪な態度とは別人だ。
 責められつつ、由依の指の行方が気になる五郎。
 その目線に気づいた由依は、ニヤリと笑って、
「見たいの?」
「い、いや…そういうつもりじゃ…!」
「…いいわよ。見せてあげる」
 拘束された五郎の眼前に尻餅をつき、美脚を広げてM字開脚を披露する由依。
 よく見える状態にしてやったところで、再びコスチュームの上から股間をまさぐり、
「んっ…あっ…!」
 と声を上げる。
 さっきまで自分を嬲って笑っていた女の自慰行為というのが妙にそそる。
 それを見せつけられるうちに、だんだん元の固さ、いや、それ以上に固くなる五郎のイチモツ。
「あぁ、すごい…!んんっ!」
 五郎の肉棒が徐々に勃起していく様をオカズに自慰を加速させる由依は、自らコスチュームをはだけさせ、肌の露出を増やしていく。
 そのスタイルの良さに目を奪われる五郎。
 胸元のファスナーがゆっくり下りていく。
 もう少しで見えるというところで由依は手を止め、視線が釘付けの五郎に目を合わせて、
「見たい…?」
 と、上目遣いで聞いた。
 素直に首を縦に振ると、由依は、ゆっくりとファスナーを下ろし、コスチュームを脱ぎ去った。
 美乳が顔を出すと、早速、その胸を自ら揉みしだく由依。
 目の前の五郎に見せつけるようにいやらしく、そして、誘うような目付きも忘れない。
「んっ、あっ…き、気持ちいい…!」
 次第にコスチュームの上からでは物足りなくなり、レオタードの股をずらし、直接、秘部を弄り始める由依。
 ちらちらと覗く陰毛と秘肉が五郎の目を奪い、同時に、股間をより一層、滾らせる。
 もはや痛いぐらいに勃起したイチモツ。
 だが、皮肉なことに、固さを取り戻したところで、両手を拘束されているので自ら触ることは出来ない。
「す、すごい…こんなにギンギンになって…」
 舐め回すように眺め、観察しながらオカズとする由依に対し、呻き声を上げ、頭上で固定された左右の手首を必死にひねる五郎。
 精力剤の効果で股間が熱い。
 この女が触ってくれないのなら、自ら握りしめてでも扱きたい。
「自分で触りたいの?」
 見透かしたように問われて、ここでも、恥じらいもなく素直に首を縦に振る五郎。
 由依はニヤリと笑って立ち上がると、五郎の右手の拘束だけ解いた。
 解かれるやいなや、隆起した竿を握りしめ、扱き始める五郎。
 由依はクスッと笑い、ストリップのようにコスチュームを脱ぐと、再び五郎の前にM字開脚になって、自身も自慰を再開した。
 とうとう由依も全裸になったことで、美乳、そして陰部が丸見えとなり、もうチラチラと盗み見する必要はない。
 目の前の由依の美しい裸体を凝視しながらイチモツを扱く五郎。
 そんな五郎の手の動きを見ながら指を動かす由依。
 真夜中の相互オナニー。
「あぁっ、すごい…我慢汁が溢れてる…んんっ!ああっ!」
 亀頭から垂れ、糸を引いて落ちるカウパー液が、由依の興奮を助長し、指の抜き挿しを速める。
 自ら、指の痕がつくほど乳房を鷲掴みにして、もみくちゃにする由依。
 スラリと長い美脚をクネクネと動かし、甘い声で悶える由依の姿を見れば、五郎の自慰も捗る。
「あぁっ、ダ、ダメ…イクっ、イッちゃう…!」
「うぅっ…で、出る…!」
 相対しながら絶頂へと駆け上っていく二人。
「あぁっ、イクっ!イクぅぅぅっ…!」
「がぁぁっ…出るぅぅっ…!」
 ガクガクと痙攣し、仰け反る由依。
 そんな由依の脚にまで飛び散るほど勢いよく射精した五郎。
 狭い牢の中に発情した雌雄のニオイが充満した。
 相互オナニーによるオーガズムの余韻から冷め、息を整えた由依は、目の前で脈打つ精液まみれのイチモツに手を伸ばした。
 指を絡めただけで、
「うぐっ…!」
 と反応する五郎。
 その反応を楽しむように、数回、手首のスナップで扱いたが、我慢できず、すぐに舌を這わせ、そして咥えた。
「ぐぅっ…あっ、うぅっ…!」
 射精してもまったく萎えないのは精力剤の効果だろう。
(か、固い…もう我慢できない…!)
 由依は腰を上げ、拘束された五郎に密着するように立ち、そのまま対面立位の形で、握った竿を自らの秘部に誘導した。
 湿った割れ目に亀頭が擦れ、思わず、
「んんっ…!」
 と声を上げる由依。
 味をしめ、二度三度とそれを繰り返し、密着状態で息を荒くする二人。
「…どう?挿れたい?」
「い、挿れたい…!」
「じゃあ…行くよ?」
 先端を膣口にあてがい、ゆっくり腰を押しつける由依。
「…んあぁぁっ!?す、すごぉっ…固いぃっ!」
「がぁぁっ…ああっ!」
 挿入完了…。
 立って向かい合ったまま繋がる二人。
 由依が主導で、ゆっくり腰の前後運動を始めると、ヌチョ…ヌチョ…と股の間から音がする。
 由依は手を回して五郎と抱きつくように密着すると、耳元で、
「ほら、動いて…」
 と促した。
 その一言を合図に、精力剤の効果で、獣のように腰を振り始める五郎。
「んあぁっ!はぁっ、んんっ、あんっ、す、すごいぃぃっ…!」
 二段階ほどトーンが上がった甲高い喘ぎ声。
 さっきまで女王様を気取っていたとは思えない可愛らしさだ。
「もっと…もっと突いてぇっ!ああっ!んんっ!」
 そのさらさらの髪を振り乱し、溜まった性欲を発散する由依。
 膣の締まり、ヌメり、そして温かさと、由依の中はどれをとっても絶品で、その感触にすっかり虜となって夢中で打ち込む五郎に、すぐに快楽の第二波が訪れた。
「あぁっ!で、出る…また出るっ!」
「いいよ…出していいよ!このまま…このまま中に出してっ!ああっ!ダメっ、イクぅぅっ!」
 密着し、抱き合ったまま痙攣する二人。
 身体を支える由依の健康的なふくらはぎが、びくびくと震え、同時に、そこをゆっくりと伝い落ちる愛液の滴。
 やがてそこに、膣から溢れ出た白濁とした精液も合流した。
「はぁ…はぁ…」
「ぜぇ…ぜぇ…」
 息を乱す由依と、酸欠気味の五郎。
 煌々と照らす電球の明かりの中、二人はそのまま、しばらく立ち尽くした。
 

 少しの沈黙の後、息を整えた由依は、五郎の残りの拘束を外した。
 そして再び抱きつき、耳元で一言、
「向こうにベッドのある部屋があるの。そこでまた、今みたいに激しいの…ちょうだい…」
 と甘い声で囁いた。
 上目遣いをしたその表情は、女王様ではなく、一人のオンナだった。


(ゆいぽんルート おわり)

鰹のたたき(塩) ( 2020/05/16(土) 15:03 )