欅共和国の罠 ― 捕らわれた男たちの記録 ―















小説トップ
序章編 ゆいちゃんず(小林由依&今泉佑唯)に捕まった男
5.その夜… (※分岐点あり)
 その夜。
 小林のオナホ手コキと今泉のパイズリで、二度も精巣をカラッポにされ、精魂尽き果てた五郎は、地下牢に幽閉された。
 奇しくも自分を嵌めた今泉が幽閉されていたところと同じ牢である
 衣服を返してもらえず、依然、全裸のまま。
 一糸まとわぬ姿で壁に「Y」字で固定された様は、インターポールと名乗ることもはばかられるほど屈辱的だ。
 さっき、あれだけそそりたっていた股間のモノも、今は小さく萎んで頭を垂れている。
 頑丈にロックされた鉄格子と外れない拘束具、中は小さな電球一つのみ。
 地下なので陽も射さない殺風景な牢で、いつまでもこんなところにいても仕方ないのだが、脱走しようにもアクションを起こす気力もない。
(終わったな…)
 絶望が重くのしかかる。
 近いうちに処刑されてしまうだろう。
 明日か、それとも明後日か…三日、生きられたら運が良い方だ。
 ふいに、廊下の方から、コツ…コツ…と、ヒールの音がした。
 明らかにこの牢を目指していた。
 足音が近づいてくる。
 やがて、鉄格子の向こうに現れた足音の主。
 不敵な笑みを浮かべるその女とは…!?

 ↓

 小林由依 → 「NEXT」で「6」へ

 今泉佑唯 → 「INDEX」に戻って「7」へ


(※)
 惰性で「NEXT」を押すと必然的に小林編に進みますので、今泉編を希望の方は、焦らずに落ち着いて、一度「INDEX」に戻ってください。

鰹のたたき(塩) ( 2020/05/16(土) 15:02 )