欅共和国の罠 ― 捕らわれた男たちの記録 ―















小説トップ
序章編 田村保乃と関有美子に捕まった男
5.殺し屋、堕とされる
 ヌチョッ、ヌチョッ…と卑猥な音が絶え間なく響く。
 男1女2、全裸でローションまみれの三人が密着して絡み合う。
「うぅ…はぅぅっ!」
 保乃のむっちりとした身体、有美子のスレンダーな身体が、それぞれ特色を出して五郎の興奮度を高める。
「ほらぁ?喋る気になったぁ?」
 と保乃が聞く。
 ローションの滑りを利用した上下運動を続けながら爪の先で乳首をつつく。
 反対側で有美子も同様に、じっと五郎の顔を見つめながら身体を擦り合わせる。
(い、言うもんか…!)
 と思う反面、その夢心地に翻弄され、口が半開きになる五郎。
「ローション、追加しますね」
 有美子は、新たなビンを開栓し、ドバドバと自身の胸に垂らし、再び動き始める。
 ただでさえ柔らかい美乳がローションをまとって、むぎゅうっ…と押し当てられる。
 さらに有美子は、自身の乳房を掴み、その先端を五郎の乳首にくっつけて揺らした。
「んがぁっ…!」
 固い突起同士が糸を引きながら接触。
「ふふっ…貴方の乳首、もうこんなにコリコリになってますよ?」
 整った顔立ちから不意に飛び出す淫語のギャップが堪らない。
 有美子の責めに悶絶していると、反対側の保乃も、
「保乃も、それ、やってあげる」
 と言って、同様の責めを展開する。
 保乃の乳首の方が、やや固い。
 その左右でアンバランスなのもまた快楽を助長する。
(ま、まずい…くそっ…!)
 再び股間に、みるみる血が通い、天に向かってそそりたつ。
 もちろん二人も、それをしっかりと横目で確認していて、
「んじゃあ、そろそろこっちも…」
 と、保乃のローションまみれの脚が、五郎の肉棒へ絡み付く。
「がぁぁっ…あぁっ!」
 膝の裏に挟み、肉付きの良い太ももと引き締まったふくらはぎでズリズリと摩擦すると、五郎は悶絶し、ジタバタと拘束具を揺らした
 その反応を満足そうに眺めながら、
「なぁ?堪らんやろ?ほら、ほら!どう?気持ちいい?」
「ひ、ひぃぃっ…!」
「アハハ!情けない声やなぁ!脚でやられてんのにこんなに感じて、恥ずかしくないの?なぁ?」
 と、意地悪な笑顔で追い込む保乃。
 同時に指の腹で乳首を責めることも忘れない。
「ほら、イキそうなんやろ?分かるで、ビクビクしてるから」
「がぁぁっ…!」
(ダ、ダメだ…出るっ!…で、出るっ…!)
 …しかし、出せない。
 発射寸前というところで、またもや責めが止まる。
 絡みついていた脚が離れ、乳首を責めていた指も止まる。
 唇を噛む五郎の顔を覗き込む有美子。
「ダメですよ?まだ何も話してないでしょ?」
「タダでイカせてもらえると思ってんの?世の中そんなに甘くないで?」
 そしてまたすぐに再開されるマットプレイ。
 保乃に代わって次は有美子が細い脚を絡め、竿を扱く。
「ぐわぁぁっ…!」
「すごい…!こんなに固くなって…」
 感嘆とした声を漏らす有美子。
 肉付きの良い太ももとふくらはぎの筋肉で圧迫して押し潰すように責めていた保乃と違って、有美子は膝裏に挟んだまま、ぐるんぐるんと円を描いてこね回す手法だった。
 遠心力でローションの糸を周囲に撒き散らす五郎の肉棒。
 もちろん、かなり気持ちいい。
 だが、結局それも最後は保乃と同様、イク寸前までの束の間の快楽で、素直に射精をさせてはくれない。
「次は先っちょも弄りながらしてあげるわ」
 と保乃が言い、絡めた脚から覗く亀頭を手の平でこねくり回す。
「ぎゃあぁぁ…!」
 ずる剥けで敏感になった亀頭への責めを追加されては、じっとしていられない。
 マットの上を打ち上げられた魚のように跳ね、鎖ごと引きちぎる勢いで暴れる五郎。
 それを押さえつけるように身体を密着させる有美子と、有美子に身体を固められて逃げ場を失った肉棒をしっかりと捕らえる保乃。
 二人の責めの手は一向に緩まない。
 その後も、延々、二人は何度も交代しながら五郎を絶頂寸前まで押し上げつつ、イカせない寸止めが続いた。
 五郎が口を割らないかぎり、絶対にイカせてはくれない。
 息を殺していても、射精寸前の身体の硬直を読み取って責めを止める二人。
 百戦錬磨のテクを持つ二人の前では、黙って暴発することすら許されない。
 それを何度も何度も繰り返され、心身ともに疲弊していく五郎。
「はい、交代〜」
 有美子の脚が離れても間髪いれずに次は保乃の脚が巻きつく。
 たまらず五郎は、右、左と二人を順に睨みつけ、
「お、お前ら、覚えてろよ…!あとで必ず…!」
「必ず…何なん?こんな状態で何が出来るん?」
 保乃は、五郎の手首を繋ぐ鎖をブラブラと揺らして今の状況を再確認させて、
「この鎖で繋がれてるかぎり、アンタは何も出来ひんねん。たとえば…」
 保乃の脚がぎゅっと締まる。
「うぅっ…くっ!」
 圧迫感と、それに伴うローションの滑りで敏感に反応して仰け反る五郎。
 保乃は、巧みな脚の動きで絶えず刺激を送り続けながら、
「分かる?アンタは、今、このビンビンでカチカチになったチンポを自分で処理することも出来ひんねん」
 と言った。
 確かにその通りだった。
 拘束されているかぎり、どうすることもできない。
 意地を張れば張るほど、ずっと生殺しされてしまうのだ。
(こ、こんな筈じゃなかった…!まさか、この俺が、こんな目に遭うなんて…!)
 延々と続く寸止めに、徐々に削られていくプライド。
「くっ…!あぅっ…!」
「どうですか?喋る気になりましたか?」
「ほらぁ、ゆみちゃんが聞いてるで?情けない声で感じてばっかおらんと目を見て答えてあげぇや!」
 そう言いながら、脚の動きを速める保乃。
「もう限界なんじゃないですか?下の方も…そして、こっちも」
 有美子も、左右の尖る乳首に爪を立て、弾く。
「ああぁっ!や、やめろっ…うわぁぁっ!」
「アハハ!アハハハハ!」
「くっ!あぁぁっ…!がぁっ!」 
「ほら、早よ言わな、また寸止めやで?ずっとこれの繰り返しやで?」
(ず、ずっと…?む、無理だ…そんなの無理だ…!)
 そう頭で考えた瞬間、とうとうプライドが完全に折れた。
「わ、分かった…!言うっ…!言うから、もう焦らすのはやめてくれぇぇっ!」
 たまらず絶叫する五郎と、それを見てニヤリと顔を見合わせる二人。
 保乃の脚を動きがスローダウンする。
 こうして口が聞ける程度に快楽を残したまま、尋問が始まった。
「ヒラテ様の暗殺を依頼したのは何処の誰?」
「し、新宿に本部を置く△△という団体…そ、そこの━━という副代表が俺に依頼してきた話だ…」
「報酬はいくら?」
「し、支度金として前金でまず100万円を貰った。その後、成功報酬は━━円という話になっている…」
「へぇー…それで引き受けたんや?」
「つまり、それがヒラテ様の命の値段という解釈ですね…?」
 という有美子の問いに口ごもる五郎。
「…聞こえてる?」
 保乃の指先が敏感な亀頭に触れる。
「ひぃぃっ…!」
「ヒラテ様の命をお金で計れると思ってんの?なぁ?」
 亀頭責めに五郎は思わず飛び上がり、
「わ、悪かった…!つい、金に目が眩んだんだ!か、軽んじて悪かったっ!頼むっ!許してくれぇっ!」
 と懇願した。
「…どうする?ゆみちゃん?」
 有美子が溜め息をついて、
「…まぁ、いいでしょう」
 と言うので、保乃は亀頭を解放した。
「があっ…はぁ…はぁ…」
 息を乱す五郎だったが、有美子は構わずに、
「それじゃあ、その暗殺を依頼した副代表とやらの連絡先と、その団体の本部の場所を教えてもらいましょうか」
 と言った。
 言われた通りに洗いざらい白状する五郎。
 内容は全てテープに録音された。
 自供が録れて満足げな有美子。
 保乃は笑みを浮かべると、五郎の髪を鷲掴みにして、
「お利口さんやなぁ?全部ペラペラ喋って…イキたくてイキたくて我慢できんかったんや?殺し屋のくせに秘密も守らんとチンポおっ勃てて、情けないなぁ?なぁ?」
 と執拗に煽る。
 それに対し、何も言えない五郎。
「さぁ、素直になったことやし、さっきの続きやろか」
 そう言って保乃は、再び、そそりたつ肉棒に脚を絡め、上下に扱く。
「うぅっ…!うわぁぁっ!ああっ!がぁぁっ…!」
 たがが外れ、絶叫する五郎。
 もう意地を張って声を抑える必要もない。
 保乃の脚責めでくねくねと悶える身体を押さえつけ、そのしなやかな指が乳首を弄る有美子。
「イキたいですか?」
 というシンプルな問いかけに、五郎は、
「イ、イキたい…!た、頼む!出させてくれっ!」
 と情けない声で叫ぶ。
「仕方ないなぁ…」
 脚を離す保乃。
 再び二人が五郎の左右に陣取り、それぞれが竿を掴み、乳首に舌を這わせる。
 先ほどの乳首舐めダブル手コキの再来。
 しかも今度は寸止めは無し、二人とも、そのまま発射まで追い込むつもりだ。
 ねちょねちょと乳首を這う舌。
 有美子は円を描くように舐め回し、保乃は巻きつくように舌を絡ませる。
 そして下の方も、玉の付け根からカリ首まで長いストロークで扱く保乃と、亀頭を手の平で包み込む有美子。
 そんな左右から緩急の利いた責めをされ、五郎はもう暴発寸前だ。
「ほら、ずっと見ててあげる。二人でドピュッって精子が出るとこ見ててあげるわ」
「さぁ、出して…」
「がぁぁっ!で、出るっ!ぐわぁぁっ…!」
 仰向けのまま勢いよく発射された白濁汁。
 散々焦らされ、溜めに溜めた精液は、凄まじい飛距離を記録し、首筋まで飛んだ。
「やっばっ!めっちゃ飛んだっ!すごいすごーい!」
 と楽しそうに連呼する保乃に対し、絶頂の余韻でぐったりとする五郎。
 人生で一番の快感だったかもしれない。
 有美子は指についた五郎の精液を拭きとると、すっと立ち上がり、五郎の四股を固める拘束を一つずつ外していく。
 ようやく自由になった五郎だが、身体が思うように動かない。
 立ち上がるのもままならないうちに、すぐ背後に回った保乃に羽交い締めにされ、無理やり上体を起こされる。
 むっちりとした保乃の身体の感触が背中に当たる。
「あれだけ焦らされて一回だけじゃ満足せんやろ?」
 と、意地悪な笑みを浮かべる保乃。
(……?)
 有美子は、絶頂の余韻で呆然とする五郎の耳元に口を寄せ、
「寸止め地獄の次はイキ地獄へ堕として差し上げますね…」
 と囁き、微笑むのだった。

鰹のたたき(塩) ( 2020/04/24(金) 02:27 )