欅共和国の罠 ― 捕らわれた男たちの記録 ―















小説トップ
序章編 菅井友香と守屋茜に捕まった男
3.屈辱
「あらあら…」
「情けないわねぇ…」
 浴びせられる嘲笑。
「く、くそったれ…」
 とうとう足首まで下ろされてしまった最後の防具。
 磔のまま、一糸まとわぬ姿にされてしまった五郎。
 守屋は、そんな五郎を見据えて、
「ねぇ。さっき何て言ってたっけ?この状況で勃起する筈がない、とか言ってたよねぇ?…何これ?しっかり勃ってるじゃない」
「━━━」
「ほら、黙ってないで何とか言いなさいよ」
 菅井が、今まで引っかいていた乳首をつねり上げる。
「うぅ…!」
「だらしないわねぇ。この状況で乳首もチンコも勃起させちゃって。恥ずかしくないのかしら?」
「くっ…」
「ほら!これが良かったんでしょ?」
 守屋が再びムチの先で、次は直に股間をいたぶる。
 さっきまでの気丈な態度が崩れ、息を乱しながら耐える五郎。
「何よ。はぁはぁ言っちゃって…だらしないわねぇ」
「喋る気になった?」
「お、覚えてろよ、お前ら…あ、あとで必ず仕返ししてやるからな…!」
 精一杯の抵抗。
 しかし、それすら二人は一笑に付して、
「仕返し?どんな仕返しかしら?」
「このおちんちんで私たちを満足させてくれるとでもいうの?」
「満足するワケないでしょ、こんな粗チンで」
「ほらほら、もっと固くさせなさい!音を上げて口が滑るまで快楽漬けにしてあげる」
 二人は、さらに愛撫を続ける。
 言葉と裏腹に反応してしまう五郎の身体。
 菅井は、時折、指先を舐め、唾液を潤滑油にしては、しつこく乳首を責めてくる。
 そして守屋のムチで裏筋をなぞられると腹筋に力が入って、びくん、びくん…と竿が脈打ち、跳ねる。
 五郎は、だんだん、その屈辱の快感に支配されていった。
 その証拠に、隆起した男性器の先端からは、透明の液体が徐々に溢れ始める。
 そして、もちろん、それを、この二人が見逃す筈がない。
「あれぇ〜?何か出てきたわよぉ?」
 相変わらず守屋は、わざとらしく声を上げる。
 ムチの先端を亀頭に押しつけ、それを持ち上げれば、その間で付着した粘液が細い糸を引く。
「…これは何かしら?」
「うぅ…!」
 もはや返す言葉もない五郎。
 菅井は、その垂れる糸を指で絡めとると、
「次は、これを潤滑油にしてあげる」
 と言って、再度、乳首責めに移る。
「うぅ…ぐっ…!」
「どう?自分が出した我慢汁で乳首を嬲られる気分は?」
「くっ…がぁっ…」
「アハハ。たまらないって顔してるわ!効果絶大って感じ!」
「へぇ〜。それじゃあ、この汁を、もっとたくさん出してもらわないとねぇ…」
 そう言うと守屋は、いよいよ、そのしなやかな五指で五郎の竿を握り、シュッ、シュッ…と扱き始めた。
「うぅ…あうっ…!」
 腰砕けになりそうな快感が身体を突き抜ける守屋の手コキ。
 手首のスナップを利かせ、時折、亀頭をこねくり回して潤滑油を手の平に補充するテクニックが、五郎のプライドを溶かし、骨抜きにする。
 十字架に磔にされた身体をびくびくと震わせて悶絶する五郎。
「どう?少しは喋る気になった?」
「お、俺は…何も喋らん…!」
「そう…これでも?」
「んぐぅぅ…がぁぁっ…!」
 守屋は、親指と人差し指で輪っかを作り、その輪でカリ首を締めつけ、クリクリと捻ってくる。
 自らのカウパー液でニュルニュルと滑る指が擦れて気持ちがいい。
 そんな、男にしか分からない快感が五郎の身体を支配する。
(くっ…ダ、ダメだ…!このままじゃ…で、出る…!)
 これまで必死に強がってはいたが、とうとうそうもいかなくなってきた。
 確実に近づく射精感。
 だが、よりにもよって、この状況、こんな情けない姿で射精してしまうなんて人生最大の屈辱だ。
 ギリギリのラインで堪える五郎。
 だが、この二人の女は、確実にその線を越えさせようと巧みな手さばきで追い込んでくる。
「ほら、もうたまんないでしょ〜?チンポがびくびくしてるよ〜?」
 守屋の口から、さらっと出る淫語。
 射精を促すように根元から先端に向けて扱く手つきは、五郎を確実に処刑台へと押し上げ、階段を上らせる。
「や、やめろぉ…」
 力のない抵抗。
 そんなもので止まる筈のない守屋の手の平が少しずつスピードアップし始める。
 呻き声を上げて悶える五郎。
(ぐっ…も、もうダメだ…!で、出るっ…!)
 気持ちが折れた瞬間、解き放たれた精液の塊が、ビュッ、ビュッ、ビュッ…と三回に分かれて宙を舞った。
「ハァ…ハァ…!」
 疲弊し、放心状態の五郎。
「あ〜あ、こんなに出しちゃって…そんなに気持ちよかったんだぁ〜」
 五郎の肩に顎を乗せ、意地悪な笑みを浮かべながら語りかける菅井。
 声も出ない五郎の目の前に突き出された守屋の手の平も精液まみれになっている。
「すごく濃い…そんなに溜まってたの?」
 そう言いながら、守屋は、その手で五郎の顔を鷲掴みにした。
 鼻につく栗の花のニオイ。
「ほら、どう?自分が出したザーメンのニオイは?臭い?」
「うぅ…」
 自らが発射した精液まみれにされた顔。
 その様を笑って眺めながら、
「さぁ、少しは喋る気になったかしら?」
 と、妖しい笑顔を近づける守屋と、その答えを待つ肩越しの菅井。
 十字架に磔にされ、痴女二人にまとわりつかれた五郎は、やがて、静かに口を開いた。

「お、俺は…何も喋らない…!」

 しーんと静まり返る室内。
 五郎の意地の一言に、目を見合わせ、
(上等…!必ず吐かせてやるわ!)
 というような怪しげな笑みを浮かべる二人の女。
 こうして静かに、拷問の再開が告げられた…。

鰹のたたき(塩) ( 2020/04/08(水) 02:08 )