欅共和国の罠 ― 捕らわれた男たちの記録 ―















小説トップ
序章編 菅井友香と守屋茜に捕まった男
1.スパイの不覚
 彼の名は五郎。
 裏の世界では腕利きスパイとして名を馳せている。
 今回、彼に舞い込んだ依頼は『欅共和国』の中で要塞と化している『欅ハウス』に潜入し、その実態と、統治者『ヒラテ』の素性を暴くこと。
 裏社会の使者から提示された桁外れの破格な報酬に釣られ、五郎は、早速、その『欅ハウス』とやらに潜入した。
 最初は難なく事が進んでいた。
 雲行きが怪しくなったのは隠し階段を見つけ、その先の地下室に入ってからだ。
 暗い通路を歩いている時に、急に意識が薄れ、目眩がした。
 ほんのり異臭がする。
 閉じかけの瞼を見開き、目を凝らすと、天井のダクトからスモークが吐き出されていた。
(このニオイは…エーテル!)
 と気づいた時には既に、五郎の身体は冷たい床に這いつくばっていた。
 その後の記憶は曖昧だが、うっすら覚えているのは、誰かに身体を起こされ、どこかへ連行されたこと…。


「うぅ…」
 五郎は目を覚ました。…が、動けない。
 視界に映ったのは見覚えのない部屋。
 ほどなくして、自分が今、その部屋の真ん中で手足を縛られて十字架に磔にされていることに気がついた。
 それに、いつのまにか服を脱がされてパンツ一丁なことも…。
「くっ…!」
 身体をよじるが、拘束が外れず、逃げられない。というより、そもそも力が入らない。
 ふと、真横に伸びる右腕に目をやると、身に覚えのない注射痕があった。
 どうやら眠らされているうちに、何か、筋弛緩剤のようなものを注射されたらしい。
(参ったな…)
 五郎はうなだれた。
 潜入失敗━。
 敏腕スパイとして活動する彼にとって、初めての不覚だった。
(とにかく脱出しなければ…!)
 だが、思うように力が入らない。
 なかなか消えない全身の倦怠感と戦うこと数分。
 コツ、コツ…とヒールの足音が聞こえた。
(…!)
 咄嗟に身構えた眼になる五郎。
 現れたのは二人の女。
 今回の任務にあたり、事前資料をしっかり頭にインプットしてきた五郎には、どちらも写真で見たことのある顔だった。
 菅井友香、そして守屋茜。
 ともに、この『欅共和国』を興した中心人物だ。
「ごきげんよう」
「私たちの国の居心地はどうかしら?」
 二人は意地悪な笑顔で話しかけてくる。
「居心地?…最悪だ!こんな悪趣味な事しやがって!」
 と五郎は吐き捨て、
「今すぐ俺を解放しろ!そうすれば、貴様ら、命だけは助けてやる…!」
 と息巻いた。が、二人は臆する様子もなく、
「あらあら。磔にされてパンツ一丁、みっともない姿のくせに偉そうに…むしろ助けてほしいのは貴方でしょ?」
 と菅井に笑われる始末。
(そ、そうだ…俺は今…)
 菅井の言葉で、五郎は、すっかり忘れていた今の自分の状況、というよりも、今の自分の格好を思い出し、少し顔が赤くなった。
「 まったく…自分が置かれている立場を分かっているのかしらねぇ?」
 その言葉の直後、ふいに守屋の膝蹴りが、剥き出しで無防備な脇腹めがけて飛んできた。
「んぐっ…がはっ…!」
 痛み、そして、思わず息が詰まる苦しさに呻き声を上げる五郎。
 守屋は笑みを浮かべ、
「これで分かった?今の貴方はまったくの無力。おとなしく私たちの質問に答えていればいいの。そうすれば、命までは取らないで、あ・げ・る」
 と、先ほどの五郎の啖呵を、そっくりそのまま言い返してきた。
「し、質問…だと?」
「まずは〜…」
 菅井は、十字架の背後に回り、五郎の肩に顎を乗せるようにして、
「貴方の名前から聞こうかしら?そして、何処の誰なのか?それから、ここに忍び込んだ目的も」
 菅井は、五郎の顔を覗き込むようにして言った。
「そんなの、喋るワケがないだろう。だいたい、お前たちは…」
 五郎は、何かを言いかけて急に目を剥いた。
 次の瞬間、目の前に立つ守屋がいつのまにか手にしたムチを振りかぶり、半裸の五郎の身体に打ちつけた。
「がぁっ…!」
 ピシィィッ!…という乾いた音と、肌を一閃、焼けるような痛みが走る。
 守屋は、五郎を睨みつけて、
「余計なことは言わなくていいから質問に答えなさい!」
「くっ…!」
「名前は?」
「お、お前たちに明かす名前などない…ぐわっ!」
 またもや、守屋の放った一撃がヒットする。
「さっさと言わないと、身体中がミミズ腫れになるわよ?」
「ぐぅっ…!」
「ほら、早く言いなさいよ」
「や、山田太郎…ぐわぁぁっ!」
「そんな、いかにも偽名みたいな名前の筈がないでしょ?すぐバレるようなウソはよしなさい」
 守屋は、冷たい目で言った。
 その後も、黙秘をしてはムチを打たれた。
「うがぁっ…!がぁぁっ…!」
 と呻き声を上げる五郎を身体には、次々と痕が残り、赤く腫れている。
 だが、いくら痛めつけられても、自分の素性やクライアントのこと、この『欅ハウス』に忍び込んだ目的などは、決して知られてはならない。
(は、吐いてたまるものか…この程度の拷問で屈するほど、俺はヤワな男じゃないぞ…!)
 五郎にも意地があった。

鰹のたたき(塩) ( 2020/04/08(水) 02:05 )