欅共和国の罠 ― 捕らわれた男たちの記録 ―















小説トップ
戦争勃発編 小林由依と田村保乃に捕まった首領
3.悪党には制裁を
 急襲された秘密アジトの奥。
 依然として響く女の笑い声と男の呻き声…。
「がぁぁっ…!」
「ほーら、またイッたねぇ?ビクンビクンしちゃって…何回目か自分の口で言ってごらん?」
「アハハ!もう一滴も出てけぇへんなぁ?枯れちゃったんかなぁ?ん〜?」
 もはや絶頂に達しても、少しピクッと脈打つだけ…文字通り、カラッポになるまでイカされ続けて枯渇した鮫島のチンポ。
 だが、それでも固さを維持し、なおも快楽を感じることができるのは、あの媚薬オイルのせいだろう。
「も、もう…や、やめてくれ…うぅっ…」
 これまでの悪魔のような笑みは完全に鳴りを潜め、かすれた声で苦しさを訴える鮫島。
「へぇ〜?もうギブアップ?復誓兵団なんてふざけた連中の親玉にしては情けないわねぇ?」
「由依さん、どうします〜?やめてくれって言ってますけど〜?」
 と、先輩にお伺いを立てるフリをしながら、人差し指でまだ固い竿を弾く保乃。
 小林も、同じように裏筋をなぞって、
「そうねぇ…でも、やめろって言うわりには、まだこんなに固いしねぇ…?」
「ぐっ…!あぁっ、うぅっ…!」
 むず痒さに悶える鮫島。
 その反応を見た保乃は笑って、
「ほらぁ、ウソばっかり〜!まだ欲しがってるやんかぁ〜」
「ち、違っ…!んあぁっ!?」
 保乃の指が再び竿に絡みつき、扱き始める。
 唾液を垂らして潤滑油にして、なめらかな手つき。
「うおぉっ…!?うぅっ、がぁぁっ…!」
「ふふっ、そんなに声出して…まだ気持ちいいの?」
 と、股間同様、勃起が収まらない乳首をいたぶりながら問う小林。
 たまらず、
「ぐっ、あぁっ…イ、イク…!」
 と声を上げた鮫島だが、もう出るものも出ず、ただ背筋をピンと張って硬直させるだけ…。
 そして、ようやく、二人の指が身体から離れた。
 満足げな二人は、虚ろな眼で天井を見上げる鮫島を見下ろし、
「まったく…口ほどにもない」
「所詮、こんなもんかぁ」
 と屈辱の嘲笑を浴びせた後、髪を捻り上げ、
「生半可な気持ちで私たちにちょっかい出したりするから、こういう目に遭うんだよ?」
「悔しかったら何か言うてみぃや。ほらほら〜!」
「ぐっ…く…そっ…」
 掴んだ髪をぶんぶん振り回す保乃。
 そして小林は、
「さぁ、そろそろドMに仕上げちゃおっか!」
 と、恐ろしいことをさらっと言い放ち、まず右手、そして左手と、ゆっくり四肢を縛るロープをほどいていく。
 拘束が解けたと見るや、残る力を振り絞って逃げ出そうとする鮫島だが、あっさりと保乃に組み伏せられ、
「どこ行くん?今から仕上げやって言うてるやろ?」
「は、離せっ…!あっ!な、何をするっ…!?」
 ぐっと持ち上げられる両脚。
 そのまま力ずくで背筋を丸められ、屈辱のちんぐり返し…!
「くっ…!」
「アハハ!情けない格好やなぁ?」
「ほら、カラッポなのにまだ勃ちっぱなしの絶倫チンポが顔の上でブラブラしてんの、見える〜?」
「くそぉっ…!」
「ふふっ…みっともないわね。そんなみっともないアンタに、今から、とっておきの調教をしてあげる♪」
 と妖しい笑みを浮かべる小林。
 そして、ふいにちんぐり返しの死角から聞こえてくる、チャプチャプ…と“何か”を液体の中に浸ける音。
「な、何をする気だ…!」
「…見たい?」
 尻肉越しに、サッと手に持つボウルを掲げる小林に、思わず、
(…なっ!?)
 と絶句する鮫島。
 先ほどオナホールが浸けられていた媚薬オイルのボウルに、極太バイブを漬け込む小林。
 ボウルから引き揚げられたそのバイブは、先端に光沢を纏い、照明を反射して神々しくも見える。
「き、貴様…!な、何を…!?」
「さぁ?何されると思う?」
 と小林はもったいぶりながら、オイルまみれのバイブの先端で、鮫島のお尻の割れ目をゆっくりとなぞった。
「はうぅッ…!」
 ふいに襲った冷たい感触に飛び上がるも、彼女の狙いを察すると、すぐに血相を変え、
「よ、よせっ!やめろっ!そこは…!」
「あら、なに?初体験なの?じゃあ、ちょうどいいじゃん♪」
 と笑って、お尻の穴…アナルへ照準を定める小林。
「や、やめろっ!は、離せっ!ぐぉぉぉっ…!」
「アハハ!めっちゃ暴れるやんっ!」
 残された力を振り絞って暴れる鮫島だが、恵体の保乃に押さえつけられ、脚を戻すことが出来ない。
「ほら、じっとしぃ!往生際が悪いねん!」
 と叱る保乃は、
「そんなに暴れるんやったら、こうしたる!」
 と、素早い身のこなしで、ちんぐり返しの鮫島の上にどっさりと腰を下ろした。
「ぐわっ…!」
 屈辱的な体勢のまま、もう一切動けない。
 ちんぐり返しの体勢のまま、完全にマウントをとった状態で、ゆっくり鮫島の尻を左右に開く保乃。
「や、やめっ…!」
「うわぁ…!めっちゃグロいわぁ…でも、嫌がってるわりには物欲しそうにヒクヒクしてるでぇ?」
「くっ、や、やめてくれっ…!それだけは…!」
「アハハ!とうとう『それだけは…』やって!由依さん、どうします〜?」
 と保乃がニヤニヤしながら聞くと、小林は、
「はぁ?やめるワケないじゃん!ほらっ!さっさと咥えなっ!」
 と一蹴し、そのままズボズボとバイブの先端を突き挿した。
「うぉぉぉっ…!?」
 …異物感というのだろうか?
 その何とも言えない感覚が体内に広がる。
「アハハ!入ったぁ!あっさり入ったでぇ!」
 と楽しそうに実況する保乃を尻目に、さらに奥へ奥へとねじ込んでいく小林。
「がぁぁっ…!はぁっ、うぅっ…!」
「ほら、どうなの?女にアナルを責められる気分は?」
「ひ、ひぃっ…!」
「ふふっ。初めてのわりには、しっかり呑み込んじゃって…さぁ、動かしてあげる。だんだん早くしてあげるからね」
「よ、よせっ…!うあぁぁっ!?」
 突き挿したバイブをゆっくりと引き抜き、そしてまた奥深くへとねじ込む小林。
 オイルが潤滑油となって、初体験のわりにはスムーズな抜き挿しが行われる。
 これまで幾多の美女を狡猾な罠で捕らえ、責め堕とし、そして肉棒で陥落させてきた悪魔。
 そんな悪魔の尻穴に打ち込まれた鉄槌は、これまで自身が行ってきた鬼ピストンが乗り移ったかのように、みるみる加速していった。
「うぎゃあぁぁっ!!」
「アハハ!いい気味!ほら!アナル、ヒクヒクしてんじゃんっ!叩いて気合い入れてあげよっか?ほらっ!ほらぁっ!」

 パァァン…!パァァン…!

「ひぃぃっ!?」
 みるみる、小林の手の平の痕が刻まれる鮫島の尻肉。
「ほら、分かった?女を弄んだらこういう目に遭うってこと!今までアンタに遊ばれてきた女の恨み…たっぷり味わうがいいわ!」
 と啖呵を切る小林と、そこにさらに追い打ちをかけるように、スパンキングを受け、ぶらんぶらんと揺れる竿に指を絡める保乃。
「おぉぉっ!?」
「ふふっ…さぁ、少しは生産が追いついたかなぁ?」
 と、促進するように睾丸を転がしながら、再び巧みな手捌きで扱き始め、
「ほらほら!もっと抵抗しやんと、このままやったらアナル犯されたまま、自分の顔面に汚いザーメン顔射してまうでぇ?」
「女体拷問師の末路にはぴったりでしょ?」
 と、アナル凌辱とちんぐり手コキの同時責めを施す二人の仕置き人。
「ぐっ、ぎゃあぁっ…!?」
 獣のような雄叫びを上げて悶え苦しむ鮫島。
 必死に首を左右に振り乱すが、なかなか保乃のちんぐりロックを跳ね返すことが出来ない。
 そして…。
「や、やめっ…!ぎゃあぁぁっ!も、もうダメだ…イ、イクっ!イクぅっ!」
 と情けない声で絶叫し、ひっくり返ったダルマのような体勢のまま、ビクビクと震える鮫島。
 同時に、

 ピュッ…

 と、ほんのわずか、生産したてでまだ白い濁りも混じってない透明の汁が、気張る鮫島の顔に降りかかった。
「がぁっ…!はぁっ…!はぁっ…!」
 自らの体液を浴びた顔で、呼吸困難かというように息の乱す鮫島。
 アナルに挿入されたバイブがゆっくりと抜き取られ、ここでやっと保乃もちんぐりロックを解除し、立ち上がった。
 ぐるん…と脚が弧を描いて戻るも、力が入らず、起き上がることもままならない鮫島。
「どう?少しは反省した?」
 と笑みを浮かべながら問う小林に対し、依然として吐息が荒い鮫島。
 茫然と天井を一点見つめしている様に、
「ふふっ…ざまぁみろってとこね」
 と吐き捨てた小林は、
「さて…」
 と、一旦リセットするように息をつくと、これまでの妖しい笑顔を止め、冷たい目に戻ると、次の瞬間、横たわる鮫島の喉笛をいきなり鷲掴みにした。
「がぁっ…!?」
 突然の凶行。
 反射的に小林の手首を掴み、必死に引き剥がそうともがき苦しむ鮫島に対し、小林はさらに指先に力を込めながら、
「理佐、ねる、関ちゃん…この三人を捕らえている場所はどこ?」
「がっ…ぐぁぁっ…!」
「答えないと、このまま窒息させるわよ?」
「ぐっ、うっ…!」
「さっさと教えろっつってんの!」
 と声を荒げると、たまらず鮫島は観念し、
「ろ、廊下の…隠し…扉…!そ、その奥の…ち、地下牢…に…いる…!」
 と、途切れ途切れに白状した。
 保乃に目をやると、即座に、
「隠し扉ですね!任せてください!」
 と言って駆け出していく保乃。
 その背中を見送ってから、ようやく、指を解いてやる小林。
「げほっ…!げほっ…!」
 むせて、ぐったりする鮫島。
 小林は、そんな鮫島を見下ろすと、再び妖しい笑みに戻って、
「ふふっ…これで捕らわれた三人も助けられる。アンタたちの保険はなくなったわね?」
「━━━」
「ほら、起きなさい。よく見るのよ」
 という小林の声で薄目を開ける鮫島。
 そのぼんやりとした視界に映る張型と腰紐…。
「…そ、それは…」
 目のフォーカスが合うにつれ、戦慄の表情を浮かべる鮫島に対し、
「…そう、調教用のペニスバンド♪これから仕上げに、これでいっぱい犯してあげるから」
 と言い放つ小林。
 屈託のない笑みが生む恐怖…!
 もはや逃げ出す力すら残っていない鮫島にとどめをさすため、小林は、引導を渡すペニスバンドをしっかり腰を巻きつけ、ゆっくりベッドへ上がってきた…!


(つづく)

鰹のたたき(塩) ( 2020/12/22(火) 08:48 )