4
 実行委員の初会合は金曜日の放課後にあった。

 生憎にも天候は雨。昼前に降り出したそいつはまだ止みそうになく、自転車通学の俺には少々キツい。帰りは日も落ち、惨めさに一層拍車がかかるんだろうなと窓を眺めてため息を一つ。

 会合場所は生徒会室じゃ手狭ということで第2会議室。特別教室や職員室が入っている校舎の3階。

 俺が中に入ると、席はもう半分くらい埋まっていて、黒板の前に並んだひな壇には生徒会長を始めとする生徒会執行部幹部の面々がいた。けど、俺には縁もゆかりも無い人々だ。

 まだ時間前ということで、私語は禁止されてはないけど、微妙な緊張感が流れていた。不思議に思いながら、空いている席を探す。

 みんなそれぞれに隣がいなさそうな席を選んで座ったようで、両隣が空いている席はすでに無かった。仕方なく、知った顔を探すと、会議室に並ぶ長い机の列の後ろから3番目に隣のクラスの女子を見つけた。



「や、柴田さん。隣、いいかな?」


 声をかけられたその娘はびっくりしたように顔を上げた。


「え、あ、雅毅くん」


 俺は4組の代表として、柴田柚菜は隣のクラスの3組の代表。彼女とは中学も同じだった。


「……どうぞ」


 中学時代はクラスが同じになったことはないけど、口を利いたことがないわけでもなかった。体育祭の時は合同チームだったし、共通の友達もいる。


「じゃ、遠慮なく」


 彼女が俺のことを下の名前で呼ぶのは、別に親しいからじゃない。うちの田舎に腐るほどいる『佐藤』という苗字のおかげで、佐藤姓の人間はほぼ下の名前で呼ばれる。この会議室にも何人か佐藤がいるはずだ。



 俺が座ると柴田さんは居心地悪そうに椅子の上で身じろぎした。


 急に隣に座って悪かったかな、と少し自己嫌悪に陥りかける。そこで、部屋に流れる妙な緊張感の正体がつかめた気がした。

 きっと、さほど親しくない人間が集まっているからだろう。


 柴田さんはあからさまに俺を疎ましがることはなかった。けど、それでも何となく強張っているような気配が伝わってくる。かといって、今さら別の席を探しに行くのも難しいし、なんとなく柴田さんにも失礼な気がした。


 仕方無い。今日くらいは、居心地の悪さに耐えよう。柴田さんにはいい迷惑かもだけどな。


 柴田さんは黒い髪を伸ばし、前髪は眉にかからない程度のところで揃えている。化粧っ気もない細い銀フレームの眼鏡をかけている姿は、どこを切っても地味という印象。あるいは、おとなしい優等生。

 色が白くて顔立ちも整っているから、彼女がその気になれば、男子を手玉に取るくらいのことは簡単に出来そうだけど、中学時代から今まで、彼女が男子とまともに喋っている姿を見た記憶が無い。


 引っ込み思案ってやつだろうか。


 同じおとなしい系。最近周囲はそう見てくれなくはなったけど、自分ではおとなしい系だと信じている俺も、今まで柴田さんに興味がなかったわけじゃない。高校に入ってから中学時代よりずっと綺麗になったような気もしてたしな。でも、縁が無かった。さすがに、ちょっと口が利いたくらいで『こいつ俺に気があるんじゃねーの』とか『実は運命かも』だとか考えるほどおめでたい性格でもない。


 机の上に並べてあるプリントをぺらぺらとめくりながら、何となく黙っていると、それが気まずかったのか柴田さんが口を開いた。


「……あの、雅毅くんも、押し付けられたんですか?」


 よほどつまらなさそうな態度に見えたのか、そんな事を聞いてきた。俺はちょっとびっくりする。まさか柴田さんの方から話しかけてくるとは思っていなかった。


「うん。そう言うってことは、柴田さんも?」


 行儀悪くズボンのポケットに突っ込んでいた左手を出し、座り直しながら聞くと柴田さんは髪を揺らしながらこくりと頷いた。


「帰宅部だから放課後は暇だろうってさ。いい迷惑だよな」

「そうですか」

「柴田さんも帰宅部だっけ?」

「はい」


 この敬語は彼女の癖。


「ま、どうせ言われたことやってりゃいいんだろうし、適当にサボって気楽にやろうかなって思ってるけどね」

「はい」


 自分から話を振った割りに受け答えは短い。その上声も小さい。そもそも俺の方を見ない。


 隣に座られて鬱陶しいのかな、ならシカトしてくれてた方が気楽なんだけどな、なんて思ったり思わなかったり。


 俺が黙ったら、柴田さんも口を閉じた。2人してプリントを見ながらじっと時間が過ぎるのを待っている。


 ……気が重いな。



希乃咲穏仙 ( 2021/10/25(月) 12:41 )