第四章
14話
 シュウジの書いた記事をもう一度読み直してから、あやめは雑誌を閉じた。講英出版と隅の方に書かれている。


「そうそう、講英出版って言うんだ。シュウジの勤め先」


 あやめと同じ部分に目をつけたらしく、マスターが言った。


「講英出版って…どこにあるんですか?」

「えーとね、確か市内の方だよ。電車で30分くらいだったかな」

「マスターは行ったことありますか?」

「僕が? いやいや、あいつはそういうことされたくない人だからさ。働くところを知り合いに見られたくないらしいよ」

 ふーんと、あやめは気の抜けた返事をした。

(講英出版か)

 情報をしっかり頭に叩き込んだ。


「あいつの書いた記事、他にもあるんだよ。あそこの棚に入ってるから、良かったら」


 あやめはマスターが指差した先を見た。本棚に、整頓されて雑誌が並んでいる。よく見ると、どの雑誌にも、シュウジの記事が掲載されていると思われるページに付箋が貼ってある。息子の仕事ぶりが嬉しいのだろう。



 時計の針が、12時の10分前を指した。あやめはそろそろシュウジが来ないかと、そわそわし出した。髪の毛を手ぐしで簡単に整えた。服のしわを伸ばした。


 入り口のベルの音が鳴るかどうか、それだけに集中していた。どうしてこんなにも気になるのか、自分でもはっきりしない。

(好きなのかな。シュウジのこと)

 何度もそう思った。けれど、好きと言い切るには、あまりにその気持ちは淡すぎる気がした。恋愛はもっと激しいものだとあやめは感じていた。


 扉のベルはなかなか鳴らない。代わりに携帯が音を立てた。あやめは、ポケットから出した。LINEが一通。母親からだろうか。

『お昼はどうするの』


(やっぱりね)

 予想があたった。母親は少しのことでも連絡を入れる。

『外で食べる』

 一言だけ打って、送信した。


 スマホをしまい、顔を上げたとき、目の前にシュウジがいた。

 あやめは驚いて思わず声をあげた。前のカウンターに立っているのは、マスターだとずっと思っていた。いつからここにいたのだろうか。


「男か」


 シュウジはニヤニヤして言った。


「そんなのいないもん」


 あやめは首を左右に振った。少し緊張しているのが自分でも分かった。このまま連絡先でも聞けないものかと思ったが、さすがにそんなことはできなかった。


「おかわり、いるか?」


 シュウジは平然としてあやめに尋ねる。


「あ、うん」

「こいつ、マジでカフェラテ好きだな」

「はは。でも、なかなか味の分かる子だぞ」


 マスターは楽しそうに返事をした。シュウジはカウンターの奥に引っ込んだかと思うと、しばらくして、コップに冷えたカフェラテを注いでくれた。

 あやめはお礼を言ってから、ふと、さっき写真の下に書いてあった、『桜井玲香』のことが気になった。


 シュウジはカウンターから出ると、あやめの2つ隣に座った。


「あの」


 窓辺に座っていたお客さんが会計を始めた。あやめは、レジの音が気になって仕方なかった。シュウジは、何だよという目でじっとこちらを見てくる。ますます言葉に詰まってしまった。


「写真なんだけど」


 ようやく声を発したとき、会計を済ませた客が、扉のベルをガランガランと鳴らして出て行った。

 あやめは、その音が止むのを待った。シュウジはますます不思議そうな顔をして見つめてくる。


「桜井っていう人が撮ったやつ」


 そこまで何とか言うと、あやめはようやく俯いていた顔を上げた。

(なんでこんなに緊張するのだろう)


「ああ、玲香の写真か。なに? 雑誌読んだの」


 シュウジは置かれたままの雑誌を手に取る。そして、パラパラと自分の記事の載ったページを開き、あやめの前に広げた。


「これだろ? けっこう面白い構図の写真撮るだろ、こいつ」


 シュウジは感嘆の眼差しで、その写真を眺めた。木造の古びた宿、紺色ののれんに、窓辺にぶら下がる風鈴の大群。あやめは、シュウジのその眼差しが何となく気に食わなかった。

(桜井玲香…桜井玲香…)

 何度も心の中で繰り返した。


「玲香って、マジおもしろい奴なんだ。話してて飽きない。今度連れて来ようか? 絶対ハマると思う」


 私と話しているときはどう、なんて聞けなかった。あやめは一度何とか上げた顔を、また下に向けてしまった。

(話を上手くできる女性が好きなのかな? なんでその人のことをこんなにかっているのかな?)

 恋人ですか、なんて聞けるわけもなかった。


「そう言えばこの前さ、取材の帰りにラーメン屋行ったんだけど、女のくせして俺より食うんだぜ。取材でたらふく食った後にラーメンはキツイよなぁ。な、どう思う?」

「……どうも思わない」


 あやめはそれだけ言うと、席を立った。シュウジは、何だあいつ、と言いたげな目で、立ち上がったあやめを見ていた。シュウジは大きかったので、座っていても、あやめより大きく見える。

 マスターが、テーブルを片づけながら、あやめが帰ることに気付き、いそいでレジに向かう。


「お昼は食べていかないの? そっか、勉強があるよね。ごめんごめん」


 あやめは何も言わず、黙って千円札を出した。マスターはレジを叩き、おつりを渡す。あやめは、おじさんに頭を下げ、シュウジの方を見ることなく、扉を開けて出て行った。カランカランと、ベルの音だけが響いていた。



希乃咲穏仙 ( 2021/11/25(木) 15:10 )