おっぱい選抜
第5話
「はぁ…はぁ…もっ…もうやめて」

そう懇願しているのはみなるんこと大場美奈。

大きさで言えばSKE48随一のおっぱいの持ち主でもある彼女だが今はファンに矢継ぎ早で乳首を弄られまくっている。

第3部の内容は乳首責め会。

文字通りメンバーの乳首を責められるある意味神イベントだ。

しかも運営がローターや電マなどを用意し、好きな道具で責めることもできる。

経験豊富な女性なら耐える術を持ち合わせているかもしれないが恋愛禁止がルールのアイドルにとってこの責めに耐えるのは酷だった…

「んんんっ…んんっ」

今もひとりのファンがみなるんの乳首に電マを押し当てつつ片方の手で乳首をコリコリとこねくり回していた。

「だめっ…だめぇぇぇぇぇっ‼」

ガシャン

鎖で吊られている体がビクンと跳ねて鎖が震える音が響く。

盛大な叫び声と共にみなるんは絶頂した。

よく聞けばあちらこちらで女の叫び声が聞こえる。

朝から考えれば4時間半は胸を弄ばれているのだから絶頂の一度や二度普通に訪れているだろう。

だが、これらは全て序章に過ぎない。

本当のメインは最終部にあることをメンバーも、来場中のファンもまだ知らない…

■筆者メッセージ
次はあのOGがメインとなります。
クレムリン ( 2020/08/31(月) 17:21 )