齋藤飛鳥
報告


「このタブレット、気になります?」
「今から、ここに、あなたの大好きな人が写りますから」
「今日は、アナタがどれくらい、シコシコが上手になったか、見てもらいましょう」

そう言うと、飛鳥はタブレットを操作して、スカイプを起動した。
そこに写ったのは……友梨奈だった……。

『やあ、久しぶりだね』
『斎藤さんから、連絡をもらってさ』
『キミが相変わらず、はしたないせんずりお射精をしてるっていうから』
『ちょっと様子をみてあげようと思ってね……』

「嬉しいでしょう?二人のご主人様に、これから、見つめられながら」
「包茎コキコキペニスから、お射精するところを観察されちゃうんですから」
「ほら、平手さんに、粗末な勃起せんずりペニスをよく見せて下さいね……」

飛鳥は、僕のペニスの根本を、右手で握ると、
グッと、亀頭を、友梨奈の顔が映る、タブレットに向けた……。
亀頭の先端が、友梨奈の顔に向けられて……
尿道を覗き込まれてしまう……。
は、は、恥ずかしい、けど……。

「平手さんに見られて、いつもより、固く勃起してるんじゃないですか?」
「貧弱な亀頭の先っちょから、こんなにヌルヌルのお汁をこぼして……」
「カリ首が、ぷっくりと脈打って……青筋がこんなにビキビキで……」
「興奮してるんですね?……ド変態」

『ふう、相変わらず、だな……キミは』
『キミの尿道から、はしたない駄犬カウパーが、どくどく溢れてるのがよく見える』
『鈴口から、恥ずかしいくらい、ぬるぬるが溢れてるじゃないか』
『折角、斎藤さんにしつけを受けているというのに……』
『バカみたいに腰を振って、射精するしかアタマにない』
『恥ずかしい、せんずり動物じゃないか……情けないよ』

飛鳥の指が、僕の亀頭の先端にあてがわれ……
ぐぐっと尿道を押し広げられてしまう……。
タブレットの中の、友梨奈の表情は、冷酷なまま、ピクリと変わらない。
ただ、その目で、じっくりと僕のペニスの……
押し拡げられた、亀頭の尿道口を……観察、されてしまう……。

「あらあら、もうこんなに荒い息をついて……」
「平手さんに、ペニスの中身、ぜーんぶ、見られちゃいましたね……?」
「ふふ……さ、平手さんに、せんずりコキコキ、見てもらいましょうね」
「ワタシの人差し指と、中指に……アナタの亀頭を、こうやって、挟んで……」
「ぎゅっ……ぎゅっ……って」
「あははっ、こうやって、二本の指で、亀頭の先端をぎゅうぎゅう絞るだけで」
「びくびくの射精犬ペニスから、お汁、いっぱい絞れちゃいますね?」

まるで、フォークボールを握る投手のように、
飛鳥はその二本の指で、僕の亀頭をぎゅっと握り込み……
鈴口から、カウパーを、ドクドクと絞り出す……。
その爪が、キュッと亀頭に食い込み……
……ひゃうんっ!!?
僕は、つい甲高い鳴き声をあげてしまう……。

『なんて格好なんだ、キミ』
『自分よりも小柄な、同級生の女子に、たったの指二本で、いたぶられて……』
『メス犬のように、キャンキャンと泣きながら』
『貧弱な亀頭を真っ赤にしながら、ヌルヌルのお汁が止まらないなんて』
『分かってるのか?キミのご主人は、ボクなんだぞ』
『ボクの犬の分際で、指なんかで簡単にイキ顔さらして』
『だらしないお射精動物として、ボクに恥をかかせるのか……?』

友梨奈の言葉は厳しいが……
心なしか、声が嗤っている……。
僕を辱めるその口調。
懐かしさと、甘酸っぱさを感じて……僕は、さらに興奮してしまう……。

「ふふ、いいんですよ……今は、もう、ワタシの犬なんですから」
「情けなく、弱々しく、指でちょっと挟まれただけで、精液を撒き散らす」
「アナタは、最弱の、最低の、射精犬なんですから……」
「こうやって……早漏包茎ペニスの、裏筋を……ちょっと、引っ掻かれただけで」
「ふふ、ビクビク、亀頭を震わせて……」
「こんなに、ペニスを、固くそそり勃たせてしまう……」
「ここ……ここが、好きなんですよね?」
「親指を……亀頭の先端の……おしっこ穴にネジ込まれて……」
「裏筋を、ゴリゴリ、乱暴に引っ掻かれて……」
「カリ首を、ぐりぐり、しごかれて……」
「ほら、もう、ベチャベチャのお汁まみれのせんずり射精しこしこ亀頭、平手さんに、よ〜〜く見てもらいましょう」

飛鳥は、もう限界まで射精寸前の僕のペニスを、
ぐいと友梨奈の顔に向ける。
そして……全力で……まるで、精子を絞り出すように……
ペニス全体をしごいた。

『ふ、もう限界みたいだな……』
「そうですね……どう鍛えても、まったく成長しない、ド早漏ペニスですから……」
『女子二人に、射精を手伝って貰う、どうしようもない、せんずり猿だ、キミは』
「一生懸命、腰を振っちゃって……もう、射精しかアタマにないんですね?」
『せめてキャンキャン泣きながら、みっともなく……』
「せんずりペニス、コキコキされてるところ、じっくり観察されながら」
『お射精、するんだ』
「お射精、なさい」

飛鳥の右手の指が、僕のペニスを全力で握りこんだ瞬間……
僕は無意識のうちに、友梨奈の顔面が映る、タブレットに亀頭を押し当てて……
体中の熱が、すべてペニスの先から放出されているような快感の中で、射精した。
何度も、何度も、
僕の脈打つペニスから吐き出される、精子の塊が、友梨奈の顔に……打ち付けられて、
その顔を、ディスプレイ越しに、ドロドロと汚した……。

『ふ、失神したのか……まったく、本当にどうしようもない、射精動物だ』
『下半身をいじくられて、トロンと情けない顔をして……』
『バカみたいに射精して……』
『まだまだ、手が掛かりそうだ……キミは』

「よかったですね?平手さんに、お射精、ぜんぶ、見て貰えて……」
「ワタシも、いつまでも、アナタのお相手をしてあげられるほど、暇じゃないんです」
「来週からは、別のご主人さまに、アナタのお射精見てもらいますから」
「お行儀よく、してくださいね?」

ボンヤリと意識が遠のく中で、飛鳥が囁いた……。
その目は、哀れみか、惜別か……僕には、分からなかった。

■筆者メッセージ
第2章終わりです。
引き続き、リクエストありましたら、どうぞ。
薄暮 ( 2018/01/01(月) 21:19 )