手コキ姫 - 齋藤飛鳥
露払い


「まったく、毎日毎日……よく飽きもせず、ペニスを勃起させられますね」
「本当、男子って、マスをかくことしか頭にない、射精犬なんですね?」
「それとも、アナタだけでしょうか?」
「こうやって、指先でコリコリしごいてだけで、あっという間に、亀頭をグチュグチュにしてしまって……」
「あの、そんなに腰をかがめられると、しごき辛いのですが……」
「おせんずりをし易いように、ちょっと、姿勢を正しましょうか」

僕は飛鳥の言いつけ通り、床に腰を落とし、膝を曲げながら両足を開いた。
いわゆる、M字開脚、というやつだ……。

「あらあら、恥ずかしい格好ですね」
「ピンとペニスが勃ってしまって……ふふ、握りやすい姿勢になりました」
「そのまま、手は後ろに組んでいてくださいね?」
「ふ、では、さっさと済ましてしまいましょうか」
「安っすい射精で、ぴゅっぴゅ、噴き出して、精子を撒き散らしなさい」

両足を拡げられ、気動きできないまま、対面にしゃがみ込んだ飛鳥の手コキを受ける僕。
向かい合わせでしゃがみ込んだ飛鳥のスカートに目が行く。
短いスカートの中から……
純白のショーツが、ちらり、と覗いていた。

「あら……、なんですか?その目つき?」
「ワタシのパンツを見て、興奮してるんですか?」
「でもワタシ、気にしませんよ……犬にパンツを見られても、なんとも思いませんから」
「くす……いいオカズをゲットできて、良かったですねえ」
「けれどやっぱり……しつけ、は必要ですよね?」

そう言うと、飛鳥はしゃがみ込んだまま、勃起した僕のペニスの竿を握り込んだ。
そして、そのまま、ブンブンと左右にペニスを降った。
亀頭の先端から、カウパー液が、ツ、と弧を描いて飛んだ。

「まあ、恥ずかしいお汁を、こんなに飛ばして」
「せんずりコキで慰めて下さるご主人様のパンツを覗き込むような駄犬は」
「こうです……」

そう言うと、飛鳥は、右手で握り込んだペニスを大きく振って、
左手の手のひらに
パシン!
思いきり打ち付けた。
今まで受けた中でも最大級の衝撃が、ペニスの先端から背中、脳髄へと、快感のパルスになって駆け巡る。
バシン!バシン!バシン!
何度も、何度も、飛鳥の手のひらに、僕の亀頭は打ち据えられる。
そのたびに、カウパー液がビュっと飛んで、飛鳥の手のひらを
ヌルヌルと汚した。

「なんですか?この汚いペニスは?」
「叩いても、叩いても、気持ちいいお汁が止まらないじゃないですか?」
「お汁が出なくなるまで、叩きつけてあげましょうか?」
「露払い……ですよ?」
「ほら、こうです!こう!こう!」

バシン!ビタン!バシン!
表情は冷静だが、自身の手のひらが赤くなるほど、僕のペニスを強く叩きつける飛鳥。
も、も、もう駄目だ……
こんなに激しい衝撃を連発で受けたら……

「なんですか?お射精するんですか?」
「露払いの途中で……お汁を飛ばしてるのに、お射精ですか?」
「同級生の女子に、ペニスをひっぱたかれて、精子を撒き散らすなんて」
「本当に……軽蔑します」
「さ、覚悟して……」
「お射精、しなさい」

ビタン!!!
特大級の一発が、亀頭に叩きつけられた。
その瞬間、
防波堤が決壊したように……僕は射精した。
M字開脚のまま、地面に尻をペタンとつけて、みっともなく射精する僕の姿を、飛鳥はじっと眺め続けた。
僕は射精しながらも、飛鳥のショーツから目が離せなかった……。
そんな僕の頭にポン、と手を置いて、

「本当に……面白いオモチャですね、アナタは」

不思議なものを見るような目で飛鳥は言った。

薄暮 ( 2017/12/22(金) 15:55 )