case.2 今泉佑唯
06
午前2時前。着いたのは、美彩の自宅だった。
美彩は部屋着に着替えると、化粧を落としに洗面所へ。
渉はコートやサングラスを外すと、居間に座って美彩を待った。
一人暮らしの部屋で住み心地は良さそうである。部屋を見渡していると渉の目に不思議なものが入った。


(これは・・・男物の下着?)


美彩は一人暮らし。男物の下着があるのはおかしい。更にぐるっと見回すと、今度はテーブルの端に怪しいものがあった。


(これは・・・また男物・・・)


悪い女になっちゃおうかな、という言葉を思い出した。もしかすると、美彩は彼氏がいて、今から自分と浮気をしようとしているのでは。
だが残念ながら、渉には美彩の事情や思惑など何も関係なかった。もし本当に浮気しようとしているのか、もしくはただの男遊びが好きだから一夜限りの付き合いか、どっちにしても渉は美彩を抱く。そう考えていた。



「お待たせ。お茶でも飲む?それともお酒にする?」

「お酒でも軽くいきましょうか」

「そう、じゃ軽く飲みましょ」


部屋着の美彩は妙に露出が多い。
何かをそそるようにわざとそういう部屋着を選んだのか。更に、美彩は何のお酒を出すのかと思えば、日本酒を水割りで出してきた。



「日本酒お好き?」

「まさか日本酒とは思いませんでした」

「はぁ、ダメ、酔っちゃった」

「一口で酔いますかねぇ」

「ちーがーう。渉さんがイケメンだからー」

「ただの甘え上手ですか?」

「もう、失礼」

「そうですかねぇ、これを見たら、美彩さんは遊び人なんじゃないかと勘繰ってしまうんですがねぇ」

「あ!それ!」


「ちなみに、こんなものも」

「あ!それは!」


「これは彼がいるのか、遊びなのか教えてもらいましょうか」



美彩はやってしまった、と黙ってしまった。少ししてから俯いたまま、美彩は事情を話した。
どうやら美彩は過去に彼氏がいて、その人数が“もうすぐ二桁”なのだという。
今は彼氏がおらず、美彩は合コン等出会いの場を求めては彼氏を探しているらしい。渉はどうやら偶然出会っただけでそんなつもりはなかったのだが、あまりに渉がイケメンの為我慢できなかったのだという。



「彼氏欲しいけど出来なくてぇん、でもぉ、渉さんはぁ、本物の運命を感じちゃったのぉ」

「本物の運命ですか・・・」

気がつけば美彩はかなり飲み続け、渉にベタベタくっつきながら話をしていた。



「ねぇ、美彩の事ぉ、抱いてよぉ」

「・・・・・・いいんですね?」


「いいのっ。渉さんは、イケメンですからぁー」


双方同意の上、文句は言われない。
渉は内なる本能をむき出しにした。ニヤリと笑いながら美彩の顔を自分の方に向け、いきなりキスをした。

■筆者メッセージ
たまの晴れが怨めしい。
おかげで歩道も道路もアイスバーンでござんす。
仕事の行き帰りだけで合計6回転びました。最悪や!
壮流 ( 2017/01/17(火) 20:52 )