小説でも何でもないもの - なんでもない
第七
他人ができてることって案外簡単にできそうに思えることもあるけどそう思うときは大体できないし、できないことで自分が嫌になったりするけど、他人の得意なことができないことを気にしてしまっても意味ないのかなって思う。でも気にしないのは多分無理なことで気にせずに生きていくことはほとんど不可能に近いことなのかなって感じてる。
自分の得意なことを見つけて活かすことができたらいいけどそれが活かせる仕事に簡単につけるほど甘くはない。それに自分が得意だと思っていることでもそれを簡単に超える程の人は多くいるんだろうな

おりゅ ( 2019/02/04(月) 01:01 )