ソコ触ったら、櫻坂?
























  • ♯25
    • AVメーカーコラボ企画(REAL) コスプレヒロイン菅井友香が黒人に凌辱される!(後編)

小説トップ
♯25
AVメーカーコラボ企画(REAL) コスプレヒロイン菅井友香が黒人に凌辱される!(後編)
「あああっ、はっ、入ってくる……入ってくるぅううっ!!お、おっきいっ、おっきいいぃぃっ!!」

ソファーの上で叫ぶ春麗。

「クッ、くっぅううううううっ!!」

ブルブルーッと美尻を震わせて美女格闘家は挿入で達して見せた。

バイソンは後ろから密着して腰を使う。強烈に吸いこんでくる肉筒を堪能した。

「気持ちいいぜお前のここ……蕩けそうだ」

「わ、私は気持ちよくなんかないっ!!こんなの……いけないことなのに……私から離れろぉっ!!」

もう息も絶え絶え状態の春麗にとどめを刺すべく、肉棒を激しく動かし始めた。もうすっかり柔らかくなっている春麗のおまんこを、子宮まで堕として言いなりにさせるためだ。

バイソンは腰を動かしながら、クリトリスを転がした。

「あああっ、そんなトコ触っちゃだめぇっ!!クッ、効くッ、きくぅうううっ!!気持ちよくなっちゃうううっ!!クッ、くぅううッ」

春麗が呻き極めた瞬間、キリキリと媚肉がペニスを締めつけ吸い上げた。

「こんなおっきいのダメエェェェ気持ちよすぎるうぅぅぅ……♡」

バイソンは強引に唇を奪う。しかし抵抗を続ける春麗にビンタをして黙らせた。

そして絶頂に導くために子宮をズンズン突き上げていった。

「ああああイクッ!イッちゃうっ!」

キュッと眉根を寄せてビクビクッと痙攣した春麗。

バイソンは結合したまま突き上げを続け、鴨の嘴のようにコリコリと亀頭、鈴口をついばむ子宮口に向かっていく。

「おおおっ、奥っ、奥がくるっ、お、奥がッ」

キリキリと歯を食いしばる春麗の口角から、床に向かって涎がツーッと滴った。

やがて体位は背面騎乗位に変わり、ズーンッ、ズーンッ、と下から子宮口へ突き上げていく。

「あああっ、すごい刺さってるぅぅっ!んあんっ!あんっ!ああぁんっささってるぅっ!!」

子宮口がバイソンの亀頭を舐め回す。罵声混じりの矯声が春麗の口から漏れる。

「入ってる!嫌いな男のがずっと入ってる!なんでこんな男のが気持ちいいの?悔しい……悔しいっ!あああっ、気持ちよくてたまんなあぁいっ♡」

中がウネウネと蠢き吸いつく、怒りのマンコが春麗の性感を残酷なまでに刺激した。

「ぃぐっぅううう、きくっ、ぎくぅううっ!!」

春麗は全身をブルブルと戦慄かせて達し、床に崩れ落ちそうになる。バイソンはそんな彼女のマンコにさらに追い打ちをかける。指でクリトリスを激しく刺激したのだ。

「イヤアアァァァアァァッッ!!イクッ!イッちゃうっ!!アッ……!アアッ!アァァァァァァァァァァァァッッッ!!!」

ガクン、ガクンと、ギアを入れ損なった車みたいに女体が跳ねる。

バイソンは彼女の左脚を持ち上げ、内腿を叩きながら下からの突き上げを続けた。

「ああっ気持ちいいッ♡いっぱいいっぱい刺されてる♡」

繰り返された快楽責めの虜になってしまったのか。春麗はついに自ら腰を動かしていた。

優しいバイソンは彼女の腰をもってサポートしたあげた。

「あうっ♡あうっ♡あうっ♡あうっ♡ああっ♡あんっ♡あんっ♡あんっ♡あぁぁんっ♡」

春麗は暫くの間、彼の上で腰を踊らせ続けるのであった。

そしてバイソンは対面座位でするために春麗に前を向かせる。その間に一発、二発、彼女のお尻をひっぱたいていく。

快楽が欲しくてたまらない春麗は、肉棒をハメると早速腰を動かしていく。前後左右に腰を振り、そして上下に動いて膣壁に肉棒を擦りつけていった。

「おっきいぃ……♡何回ハメてもおっきいよぉ……♡♡」

バイソンはそんな彼女を抱き寄せてキスをした。

春麗の頭の中にアドレナリンが溢れ出る。それは頭の中を真っ白にさせ、シュワーッと泡立たせて思考を奪い取った。

もう止められなかった。

「あはぁっイクイクイクイクイクゥゥゥッッッ♡♡♡」

ビクビクと震えている間、バイソンはまた彼女のお尻を叩いていた。

イッても彼女はその動きを止めなかった。それどころか今度は上から結合部を眺めながら動かしていた。

「ああ入ってる……♡ジュボジュボオチンポ入ってるぅぅ……♡」

再び腰の動きが激しくなっていった。

「おくっ!もっとおくうぅぅっ!」

今の春麗の膣は、まるでバイソンのためにあつらえたようにぴったりの形をしていた。彼女はバイソンの上と下をそれぞれの口で刺激していた。

「あはぁぁんっ気持ちいい♡むにゅっ♡ちゅっ♡むちゅっ♡レロレロ♡はぁぁ……♡」

じゅぶっ、ぬちゃっと、淫猥な粘着音が二人の結合部から漏れる。

「んほぉおおっ、はっ、はげしいぃよぉッ!!こわれりゅ、わたしこわれりゅ……」

さらに腰を速めるバイソン。

「また速くなったよぉ、しゅっ、しゅごいよぉおおお!!私の奥が蕩けちゃうよぉっ!もっとっ、もっとちゅうしてぇっ!んむっん」

ねだれるがままにバイソンは春麗の唇を奪った。今までで最高に甘い蜜唾がバイソンの舌を迎え入れ、熱く蕩けた女舌がくにくにと絡みついた。

脳幹が痙攣するほどの快感が背筋を駆け抜ける。

「ダメェッ!ダメェイキすぎて頭おかしくなっちゃうっ!おっきい!おっきいからダメェッ!ああっ!あぁぁんっ!!」

パンッ!パーンッ!

バイソンはまたも絶頂する春麗のお尻を叩いていった。何度も叩かれた彼女のお尻はすっかり赤くなっていた。

しかしそれでも春麗は腰振りを再開させる。どうやらバイソンが中出しをするまで抜く気はないようだ。その証拠に膣はきゅっと肉棒を握られたみたいに締めつけ、彼女は全体重を彼に預けている。

バイソンはそんな彼女をがっしりと掴んで抱き寄せた。そして下からまた肉棒を突き上げ続けた。彼女はまだダメッ、ヤメてとは言うものの、明らかにその言葉に力がなくなり、反対に快楽に正直な言葉を積極的に吐くようになっていた。

そしてまた体位を変えるために一度肉棒を引き抜いたバイソン。春麗はすぐにアソコを開いて求めてきた。

くぱぁっ♡

「早くっ!早くきてぇっ!いっぱい動いてぇ……せつないのぉ……お願い、お願いですぅ……」

突き出すようにお尻をフリフリさせながら、春麗は哀願した。

「言われるまでもねえ、たっぷり動いてやるよ!」

バイソンは後ろから肉棒を挿入していく。しかし、入り口のすぐ近くで擦り上げると、

「あっ♡あっ♡あっ♡」

半開きの唇からキスをねだるかのように舌を長く伸ばして短い矯声を連呼する春麗。

「感じてるみたいだなあ」

「んんっ、か、感じまひゅ……おまんこ、気持ちいいよぉ……♡」

これならよしと、素早い腰使いで入り口を擦り上げる。

「あああっ、感じるっ、入り口感じちゃうっ!!ん、気持ちいい……ああっ、で、でも、お、おく、奥が切なくなった……切ないの、奥が切ないのおぉぉっ!!」

「そうかそうか♪そんなに奥が好きか♪これでどうだ♪」

「ああああーーーーっ!!おくーっ、おくーーーっ!!」

春麗は目を見開いてグイーッと背中を反らし、達してしまったように喘いだ。

「奥も気持ちいいみたいだな。可愛い顔してとんだ変態だぜ♪」

「いやぁ、お前が、お前がそうしたんだぁ……私じゃなっ、ひっ、また、またいりぐちらけ……んんんっ、せ、切ないの、おくが…あああっ奥っ!!届くっ、届いちゃうぅううううっ!!んひぃいいいいいっ!!」

春麗は歯を食いしばり、髪を振り乱して悶えた。彼女はどんどん敏感になっているようだ。

春麗ホールがバイソンを締めつけ、クニクニと蠕動する。

バイソンはギアを変える。

「やらっ、またイクっ、何回でもいっちゃうぅうううう!!」

ヒップを震わせて悶える春麗へ、深くを責める比率を増やした。

「らめぇええっ!!深くするの、もうらめぇええ、イッちゃうの、深くされた回数いっちゃうのぉおお!!ああっまた、また増やすぅっ、意地悪しないでえッ!!」

しかし、バイソンは容赦しない。最後は全深の荒腰で責め上げた。

すると春麗はひとつきひとつきにアクメを極め始めた。

「らめっ、らめぇえええっ、イッちゃう、またイッちゃうのっ、イッてる最中なのに、ま、またっ、止めて、お願い、ナンでも言うことを聞きますから、もうゆるしてえぇえええ!!あああっ、と、とまらにゃいぃ、イクのとまらにゃいよぉおお!!また、イッ、イクッ、イクッ、イクッ、いっくぅううううううッ」

ブルブルーッと小さなヒップを全力で震わせ、最後は白目を剝いて悶絶した。そのときの締めつけ具合は千切れるかと思うほどで、奥からも強烈に吸い上げられ、バイソンも堪らず、

「出すぞ、俺も、出すぞッ、クッ、くぅううっ!!」

ブビューッブビューッと音を立て、女性格闘家の腟内大量射精を完遂した。

「ヘヘッ……♪キンタマが裏返りそうだぜ……♡」

気を失ったみたいに動きを止めた春麗を見つめながら、肉棒を引き抜くと、最後の一滴までビューッと彼女の全身にかけていくのであった。














BACK | INDEX | NEXT

帰ってきた暴動 ( 2024/06/19(水) 01:52 )