美しい桜と音-夏休み編-









小説トップ
第5章
優希はいちゃいちゃ、悠太ははちゃめちゃ?
風呂に一緒に入ってる優希と美桜。先に湯船に浸かってた美桜は体を洗い、優希は湯船に浸かった。

「ああ…いい湯だ。」
「優ちゃんおっさんみたいだよ。」
「え、そうか?まぁ、俺もその内おっさんになるけどさぁ…そんな事言ったら美桜だって、その内おばさんになるんだからな。」
「ちょっと〜、優ちゃん酷〜い…」
「いや他人から見たらな?」
「それでも酷〜い…泣いちゃう。」
「そんなつもりなかったんだけど…あの、悪かったな。」
「うん、いいよ。」
「何だよそれ、早いな許すの。」
「えへへ。」

優希と付き合ってからか、美桜は上機嫌だった。こんなにテンション高いんだと優希は思った。見た目で勝手に判断してはいけないとはこのことだ。

「じゃ、次は優ちゃんの番ね。私が洗ってあげる〜。」
「いいよ自分で洗うから…」
「だーめ、今日1日優ちゃん疲れてるから。絶対、これくらい私がしてあげるから。」
「わかった。」

今度はすぐ受け入れた優希。言われた通り美桜に洗ってもらった。

「優ちゃんの体見るのあの時以来だなぁ…」
「そうだな。まさか入って来るとは思わなかったけどな。」
「私だってびっくりしたんだから…優ちゃんのことだから、男湯入ってると思ったもん。そしたらまさかまさかの混浴だったから…」
「まぁ仕方ないといえば仕方ないか…」
「そう言ってしまえばね…」
「美桜も何で混浴にしたんだよ?」
「そういう優ちゃんは何で?」
「俺は男湯だと、多分誰か入ってるんじゃないかなって思ってさ。混浴だったら流石に誰も入ってないだろって思ったんだよ。」
「そういう事か。私は混浴入った事無いから混浴にしたんだ。」
「そんな理由だったのか。」
「そうだよ。じゃ、優ちゃん前向いて。」
「向かなきゃだめ?」
「うん。」
「わかったけど、あまり見るなよ?」

優希は正面を向き、できるだけ美桜を見ないようにした。美桜は一生懸命に優希の体を洗っている。

「優ちゃんやっぱいい体だね。」
「それはわかったから。」
「ここも洗わないとね。」
「そこは…ちょ美桜、くすぐったいって…」

優希のものを洗っている美桜。全く気にしてないが、優希はくすぐったくて仕方なかった。

「あれ優ちゃん?なんか固くなってきたけど?」
「美桜、それはわざとだろ?」
「優ちゃんはいやらしいなぁ…洗ってるだけなのに、こんなに興奮しちゃって…」
「美桜…お前…」
「んふふ…優ちゃん怒らないでよ?私と…する?」
「美桜、ハナからそのつもりだったんだろ?」
「うん。」
「正直じゃねえな。」
「恥ずかしいじゃん…」
「ま…いっか。」
「優ちゃん…前みたいに優しくしてね?」
「当たり前だろ。」

優希と美桜は唇を合わせた。一方その頃…

「なぁ麻友…何でだよ、俺が何かしたんか?」
「うるさい!悠太ほんとに最低!」
「俺は別に何も…」
「もういい…悠太、あなたとはこれまでよ、別れましょ?」
「ちょっと待てよ麻友、そんなの一方的だろ…」
「あんたが反省しないからでしょ?」
「反省って…俺は一体何を…」
「あんたの顔なんかもう見たくない!さよなら。」
「ちょ麻友…待てよ。」
「もう来ないで!」

麻友と悠太に一体何が?

(俺…なんかしたかよ麻友に…)

夜明け前 ( 2023/09/26(火) 18:47 )