美しい桜と音-夏休み編-









小説トップ
第4章
現れた由紀の本性
「先輩なんですか?」

ある日、優希は由紀に呼ばれた。場所は初めて由紀に呼ばれたあの場所…

「ねぇ、優希。これはどういうことかしら?」
「何ですか?」

由紀は優希に携帯の画面を見せ付けた。そこには優希と彼女の姿が…

(え…何でこの写真を?)
「優希、あなた私に『彼女はいない。』って言ったよね?」
「た…確かに言いましたよ。でも、ほら仲の良い女子はいますし、別に彼女じゃないです。」
「あら…嘘ついたわね優希。」
「嘘じゃな…」
「これでもまだ彼女じゃないって?」

由紀はまた別の写真を優希に見せた。そこにははっきり手を繋いでる画像が…優希は俯いた。

(マジかよ…この人どんだけ俺の写真を…)
「優希…あなたは私に嘘をついた。最低ねほんとに…」
「違うんです、嘘をついたつもりは…」
「優希…嘘をついた罰よ。あなたは今日から私の奴隷よ?」
「え…」
「奴隷よ、今日から。わかった?」
「奴隷…は…」

優希は思い出した。数日前に悠太から…

【あの人から離れろ、終いにお前あの人の奴隷になるぞ?】

悠太の忠告は正しかった。あの時素直に聞いていれば…もっと言えば初めて会った時、嘘でも『忙しい。』って言っていれば…今更何を思っても無駄だった。後の祭り状態だ。

「今日から一カ月私の奴隷よ。いい?」
「はい…」

それから一カ月、優希は由紀の奴隷として由紀に従った。全ての原因は自分にある…優希は自分が情けなく感じたがあえて表には出さなかった。でも、一カ月我慢すれば、この地獄な日々も終わる。そして一カ月が経ち…

「先輩ほんとにすいませんでした。もう嘘なんかつきません。じゃあまた…」

優希は部屋を出ようとした。だが…

「優希、何勝手に奴隷生活を終わろうとしてるのよ?」
「え!?だって先輩一カ月って…」
「は?何勝手に一カ月って決めつけてるのよ?」
「だって、先輩が一カ月って…」
「そんな事言ってないわよ。」
「そんな…」
「はぁ、また嘘をついたわね。」
「これは嘘じゃないです、本当です。先輩が一カ月前に僕に言ったんですよ?この一カ月…確かに嫌でしたけど自分の所為と思って、我慢して耐えたんです。そしてやっと解放されたと思ったのに…」
「ふ〜ん、優希にしては上手い作り話ね。」
「な…作り話じゃないです!先輩が言ったんですよ?」
「なら、私が言ったっていう証拠はあるの?そこまで言うんなら証拠はあるんでしょうね?」
「えっと、それは…」
「ふん…呆れた。証拠が無いのに堂々と嘘をつくなんて…」
「何で…何で…」
「あなたは永遠に私の奴隷よ。わかった?」
「くそ…」

こうして優希は由紀の永遠の奴隷として扱われるのだった。

夜明け前 ( 2023/09/24(日) 08:18 )