第2章
初sex初中出し
美桜は優希を寝かせ、反り立つ優希の一物を握った。

「こんなに固いんだ…それに熱い…」
「ま…まあな…」
「なんか先っちょから出てる。優希も感じてるの?」
「間違いではないな。」
「優希も感じてるんだ。ねぇ…初めてだけど許してね?」
「ああ、勿論。高望みなんてしないさ…」
「うん…」

美桜は舐め始めた。やはり、どこかぎこちなさはあるが、今の優希には関係なかった。

「美桜…上手だよ…」
「ほんと?優希のおっきくて…」
「ごめんよ、許してな?」
「大丈夫…優希のだったら我慢出来る…」
「そうか…」
「これが、私の中に入るんだよね?」
「そう。」
「私も女になるのか…」
「そうだな。怖くはないのか?」
「怖いけど…痛みって一時なんでしょ?」
「ま…まあそうだけど…」
「そうだけど…?」
「人によって違うからなぁ…」
「私は大丈夫だよ。優希優しくしてくれるし…」
「美桜…」

優希は美桜からかなり信頼されてると思った。こんな幸せなことはなかった。

「美桜…じゃあ…」
「うん…優希の入れて?」

一瞬美桜の甘え声に興奮した優希は、美桜の一点だけを捉えた。

「入れるぞ?」
「うん…」

優希は優しく入れた。美桜の表情が歪んだところで優希は入れるのを止めた。

「いいよ優希…」
「無理はすんなよ?」
「大丈夫…」

ちょっと心配な優希だったが、大丈夫と言うので続ける。そして…ようやく全部が入った。

「美桜…全部入ったよ。」
「ほんと?優希のが私の中に…」
「ああ…痛いかまだ?」
「ううん…ちょっとヒリヒリするけど、平気だよ。優希動かして?」
「わかった…ゆっくり動かしていくな?」
「うん。」

そして優希は言った通りに、ゆっくり動かしていった。美桜のおっぱいは、上下にユサユサと揺れている。優希は動かしながら美桜のおっぱいを揉んだ。美桜から恥ずかしいのか顔を逸らしている…

「優希…すごい気持ちいい…」
「そうか…美桜の中すごいトロトロだよ…」
「言わんといてよ…恥ずかしいんだから…」
「じゃあマ○コって言った方がよかった?」
「もう…そっちの方が恥ずかしい…」
「ははは…」
「優希の意地悪…」

優希は美桜を起こした。そして小さな声で…

「意地悪な俺は好きか?」
「もう…」
「嫌か?」
「ううん…大好き…」
「ほんとに?」
「ほんとに…優希のこと…大好き…」
「ありがとな…っとそろそろ出そうだ…」
「優希…中に頂戴…」
「い…いいのか?」
「うん…優希の欲しい…私の中に出して…」
「わかった…じゃあ中に出すぞ?」
「うん…頂戴。」

そう言うと、優希はラストスパートをかけた。いきなり早く動き出したので美桜は一瞬びっくりしたが、優希にしがみついたまま離れはしなかった。

「美桜…もう俺…」
「うん…頂戴優希…」
「ああ…美桜受け取れ…」

優希は美桜を中に出した。

「あ…ああ…優希のが中に…」
「うう…」

しばらくして優希は美桜の中から抜いた。美桜のマ○コからは精子が逆流して出てきてる…

「はぁ…はぁ…これが優希の…精子…すごい…熱い…」
「はぁ…はぁ…いっぱい出たな。」
「あ…まだ優希のここに精子付いてる…」

美桜はそう言うと、お掃除フェラを始めた。逝ったばっかなので、優希の一物はかなり敏感だった。

「ああ…美桜いいよ…」
「気持ちいい?」
「すごい気持ちいい…」
「出したかったら出してね?」
「そんな連続なん…ああ…」

美桜は玉を舐め始めた。一体どこでそんなのを覚えたのか?

「み…美桜…そこいい…」
「んふふ…ここも感じるって…友達に聞いたんだ…」
「そう…なのか…」
「優希気持ちよさそう…逝く?」
「ああ…やばいまた逝きそう…あ…」

美桜の技に優希は耐えれなかった。

「ああ…」
「さっき出たばっかなのに…気持ちよかった?」
「ああ…美桜…」
「ん?んん…」

優希は美桜にキスした。

「んん…優希…?」
「出よか?」
「うん…その前に流そ?」
「そうだな。」

シャワーで流し優希たちは出てきた。入ってからどれくらい経っただろうか…

「優希気持ちよかったね。」
「そうだな。」
「優希と付き合ったらずっと出来るね…」
「ずっとって…」
「嫌だった?」
「嫌ではないけどさ…こっちの体が持たないよ?」
「そっか…でも、私がもし『したい。』って言ったらする?」
「ああ…美桜の頼みならな。」
「嬉しい…でもわかんないよね明日まで…」

そう…明日全てが決まる。優希は美桜を選ぶのかとまたは愛佳を選ぶのか…それは優希が決めることだ。

「落ち込むなよ美桜…」

優希は美桜の頭を撫でた。

「優希…」
「どちらか不平等にはしないって…」
「優希…うん…」
「さ…部屋戻るぞ。あいつら起きてるだろうし…」

優希と美桜は部屋に戻った。

夜明け前 ( 2020/08/23(日) 15:39 )