第2章
気持ち良さ無限大
「美桜…」
「何?」
「初めてなのにキス上手いな。」
「そう?嬉しいな…」
「上手だよ。」
「優希に褒められると嬉しいな…優希おっぱい触って?」
「わかった。」

美桜は優希の手を持ち触らせた。

「すご…柔らか…」
「びっくりした?」
「美桜ってこんな体してたんだな…」
「全然知らなかったでしょ?柔らかい?」
「ああ…美桜のおっぱい柔らかいし…」
「んん…優希触り方いやらしい…」
「そうか?じゃあ…」
「ああ…んん…優希…」
「美桜のここコリコリ…」
「舌で…んん…優希…き…気持ち…いい…」
「さらに固くなってきた…」
「優希…エッチってこんなに気持ち…いいんだね…それって…私だけ…かな?」
「それは俺もだよ。それも…」
「それも?」
「好きな人だったら、もっと気持ちいいさ。そうだろ?」
「優希…うん…」
「じゃ、美桜寝転がって?」
「うん…」

美桜は言われた通り寝転がった。

「美桜…ここすごい濡れてるよ?」
「ああん…」
「ここはかなり敏感だな…」
「優希…私…おかしくなっちゃう…」
「逝きたい?」
「うん…優希…私…気持ちよくなりたい…」
「わかった。じゃあいくぞ?」

優希は美桜の中を掻き回した。

「ああん…」
「気持ちいい?」
「うん…初めてなのに…」
「こんなのに初めてなんか関係ないよ。」
「そう…なの?」

美桜は意識がそれほどなかった。

「気持ちよければいいさ…って聞いてないか。」
「あ…ああ…ゆ…優希…」
「逝きそうか?」
「なんか…わかんないけど…逝くのかな…」
「どっちにしろ、気持ちよくなるに変わりはないからな。」
「ああん…だめ優希…おかしくなる…だめ…ああん…」

ビクッビクッと美桜は痙攣した。美桜は言葉に表せなかった。

「はぁ…はぁ…」
「逝ったね美桜?」
「うん…初めてだけど、すごい気持ちよかった…はぁ…はぁ…」
「もう俺の愛撫なしでいくか?」
「ううん大丈夫…優希の舐めたい…いい?」
「そうか…わかった。」

まだまだ終わらない…

夜明け前 ( 2020/08/23(日) 15:33 )