攫われメンバーのくすぐり地獄

小説トップ
序章
1.新しい道
ここは都会から遠く離れた山奥のとある施設
そこに2人の男が悠々とソファに座り嘲笑している

?「いや〜…まさかここまでうまくいくとはな!」
??「さすがお前の考えた計画は素晴らしいよ!」
?「いや…お前の行動力も素晴らしかったぞ!」
??「つまり俺たちは最高のコンビってわけだな!」

彼の名前はアイ
最高の頭脳を持ち彼にかかればどんな暗号も計算式も最新式コンピューターよりも早く解いてしまうほど
そして今回の事件も彼が考えた攻略不可能な犯行
そしてもう1人の名前はワキ
アイの頼れる相棒
初めてのことでもものの数分で身につけてしまうセンスの塊

彼らはなぜこんなことをしたのか
それは…

二年前…
ワ「ついに始まるのか」
ア「あぁ…そのためにこの二年下積みを重ねてきたからな お前もご苦労だったな」
ワ「俺としては文句は一つもなかったな 寧ろご褒美だったよ 何せ腋の下を拝み放題だったんだからな」
ア「そういやお前生粋の脇フェチだったな」
ワ「そういうお前は生粋のおっぱいフェチだろ?」
ア「とにかく今回の目標はここだ」
ワ「乃木坂か…まぁ当然だな」
ア「この計画を成功してやるぞ!」
ワ「あぁ…俺たちが夢にまで見た…くすぐり地獄だ!」
BACK | INDEX | NEXT

■筆者メッセージ
これから新しく書いていきます
拙いですがよろしくお願いします
セレーナ ( 2024/03/16(土) 23:33 )