都市伝説
03 3
【AV 目 5分】

 とりあえず、タケルの家のPCで検索をかけた。ひっかかったのは458件。

 多いんだか少ないんだか解らない数だ。全部を調べる訳にもいかず、テキトーに読み流した。




「う〜ん・・・」

 ほとんどは同じような内容。


―目だけでイカせるAV女優がいる―
―5分ほどで終わるAV―
―どっかの廃れたレンタルビデオショップにあるらしい―

 期待はしていなかったが、大した情報は得られない。

―ホントにあんのかよ―
―俺はイカされねぇ自信がある―
―なんでもいいからぶちこみてぇ〜―

 所詮、ネットなんてそんなもんだ。




「なぁ〜・・・ホントにあんのかよ〜」

 ついにタケルが弱音を吐き始めた。

「お前が言い出したんだろ。気合いで見つけろよ」

 タケルは小さくオレを睨んだが煙草に火を点け、すぐにマウスを動かした。



「ん?」

 それから2時間ほど経った頃、ようやく目ぼしい文章を見つけた。

 とあるブログの記事だ。


――玉藻という名のAV女優がいるのですがね・・・彼女の映像はヤバいですよ。
彼女の目を見た瞬間に勃起しましたからね。
焦りましたね〜。あんな経験は初めてでしたよ。
吸い込まれるように魅入ってしまいます。
で、気がつけば射精。
なんだ、コレ。って思いましたよ。試しにもう一度観てみました。
結果は同じ。
彼女の目は男を異様な興奮で満たしてくれます。
信じられない方は是非観て下さい。
○○町のコパというレンタルビデオショップの一番奥にヒッソリと置いてあります。
ジャケットは真っ赤で下に白文字で玉藻と書いてあります――

 記事を読み終えたオレ達は黙り込んだ。この時でさえ興奮している。

(早く観たい)

 その想いは益々強くなった。

「エージ、お前これ・・・信じるか?」

 タケルが言った。

「久しぶりにオレの名前呼んだな」

 何故かどうでもいい事が気になった。何かから逃げているような気もする。

「今そんな事はどうでもいいだろ。で、行くか?」

 コパはここから15分ほどの場所にある。

「まさか近くとはな・・・行こう」

 タケルはPCの電源を落とし、吸っていたタバコを揉み消した。





絹革音扇 ( 2014/07/13(日) 22:15 )