第六話 幻獄のありぃ
喧嘩師「霧雨」の回想録(パートU)
『口喧嘩Battle』っていう掲示板を「VELLE」が運営してたのは印象的だったな。

当時は全く把握してなかったけど、「精子」が「ちちtんさん」って名前で活動してたり「@」がいたり。「日向」もその頃は「フェイト」って名前で活動してた。

喧嘩大会の決勝戦が「ZERODOLL VS @」 で、急にZERODOLLが多忙だから負けでいいって言って@が優勝してたけど普通に試合してたらどうなってたんだろうなあれ。


それから少しした頃かな?

「Asuka」が「ばほめ」って名前で復活したり「セルシア」が「たびうお」って名前で活動したりして『平成喧嘩塾』がリニューアルした気がする。

金ハンネや銀ハンネがまた流行り出してすげーかっこいいなって思ってた。

あとなんだかんだ「砂漠地帯」は名前変えながらずっと喧嘩界に顔出してるんだなって思った。

「ダルス」の正体が砂漠だったのは「要」から聞いた話だけど、キャラが違いすぎて誰も見抜けなかったみたいだね。

喧嘩界の奴が別の名前使ったとしても、文面の特徴とかで正体すぐにバレることが往々にしてあるからな。

それで言うと「眠川眠子」の正体が「おでん」だったこともみんな相当ショック受けてたみたいだが。


マイナーキャラで存在感はマジで薄かったけど堅実に強かったなって思ったのは「ノイローゼ」って奴だな。

とにかく下手を打たずに上手く立ち回ってるイメージだった。

負けてるところ見たことないのに誰からも認知されてる様子がなかったから逆に面白かったわ。


あとは、『晒しの楽園』で最強だった「テレビノジョン」。

『葉っぱ天国』で最強だった「まとめ民」(要所で「根拠は?」って言い続けるだけで勝ち続けてきた奴)。

とか実力は確かだけどマイナーな奴ならそこそこいる。


■筆者メッセージ
前節のつづき。
アメリカン・クルーソー ( 2023/12/12(火) 16:37 )