小説詳細/あらすじ/目次

欅共和国の罠 ― 捕らわれたスパイたちの記録 ―

筆者 : 鰹のたたき(塩) / 種別 : 長編 (ページ容量 : 177.0KB)
投稿日 : 2020/04/08(水) 02:01 / 更新日 : 2020/05/23(土) 22:12
  • あらすじ

  •  20XX年。

     山梨県、河口湖の近くに、突如、謎の独立国家が誕生した。

     その国の名は『欅共和国』。

     ある学者によると、現世に不満を持ち、その地に逃げて身を隠した『ヒラテ』という神を中心に、その神に仕える女性たちが築いた独自政権の国だとされている。

     そして、中心部からやや外れた山の中腹に建つ『欅ハウス』と呼ばれる豪邸。

     国を統治するメンバー以外は誰も近寄れない禁忌の地ということもあり、さては、この建物の中に統治者の『ヒラテ』がいるのではないか、と噂されている。

     そんな、何やらワケありの『欅ハウス』へ、今宵、潜入を企てる者がいた…。

     果たして、その男の目的は…?

     そして彼は、そこで、いったい何を見るのか…!?
名前変換

五郎 ⇒ 主人公

未入力でデフォルトになります。