小説詳細/あらすじ/目次

沈丁花

筆者 : / 種別 : 長編 (ページ容量 : 169.3KB)
投稿日 : 2013/11/17(日) 00:34 / 更新日 : 2013/12/28(土) 07:12
  • あらすじ

  • 高校の卒業式を終えた椎名哲也は、たまたま通りがかった路地にて沈丁花を発見する。近づいてみると、そこに現れたのは一人の女性、矢神久美だった。
    二人は互いに惹かれあったが、矢神には秘密があった。
    椎名と矢神。無力で、臆病な二人の恋の行方は――。
名前変換

哲也 ⇒ 主人公

久美 ⇒ ヒロイン

未入力でデフォルトになります。
  • 本編目次

    • 生きるべきか、死すべきか。それが疑問だ。――ウィリアム・シェイクスピア
    • 01 (2013/11/17(日) 00:39)
    • 幕を降ろせ、喜劇は終わった。――ラブレー
    • 01 (2013/11/17(日) 00:43)
    • 02 (2013/11/17(日) 00:44)
    • 03 (2013/11/17(日) 00:45)
    • 04 (2013/11/17(日) 00:47)
    • 05 (2013/11/17(日) 00:48)
    • 06 (2013/11/17(日) 00:50)
    • 07 (2013/11/17(日) 00:50)
    • 08 (2013/11/17(日) 00:51)
    • 09 (2013/11/17(日) 00:53)
    • 10 (2013/11/17(日) 00:54)
    • 11 (2013/11/17(日) 00:55)
    • 12 (2013/11/17(日) 00:56)
    • 13 (2013/11/17(日) 00:58)
    • 14 (2013/11/17(日) 00:59)
    • 15 (2013/11/17(日) 01:01)
    • いくら長生きしても、最初の二十年こそ人生の一番長い半分だ。――ロバート・サナジー
    • 01 (2013/11/23(土) 20:57)
    • 02 (2013/11/23(土) 20:57)
    • 03 (2013/11/23(土) 20:57)
    • 04 (2013/11/23(土) 20:57)
    • 05 (2013/11/23(土) 20:57)
    • 06 (2013/11/23(土) 20:57)
    • 07 (2013/11/23(土) 20:57)
    • 08 (2013/11/23(土) 20:57)
    • 09 (2013/11/23(土) 20:57)
    • 10 (2013/11/23(土) 20:57)
    • 11 (2013/11/23(土) 20:57)
    • 12 (2013/11/23(土) 20:57)
    • 13 (2013/11/23(土) 20:57)
    • 14 (2013/11/23(土) 20:57)
    • 15 (2013/11/23(土) 21:01)
    • 死のうと思っていた。今年の正月、よそから着物一反もらった。お年玉としてである。着物の布地は麻であった。鼠色の細かい縞目が織り込まれていた。これは夏に着る着物であろう。夏まで生きていようと思った。――太宰治
    • 01 (2013/11/30(土) 00:16)
    • 02 (2013/11/30(土) 00:16)
    • 03 (2013/11/30(土) 00:16)
    • 04 (2013/11/30(土) 00:16)
    • 05 (2013/11/30(土) 00:16)
    • 06 (2013/11/30(土) 00:16)
    • 07 (2013/11/30(土) 00:16)
    • 08 (2013/11/30(土) 00:16)
    • 09 (2013/11/30(土) 00:16)
    • 10 (2013/11/30(土) 00:16)
    • 11 (2013/11/30(土) 00:16)
    • 命というものは、はかないからこそ、 尊く、厳かに美しいのだ。――トーマス・マン
    • 01 (2013/12/01(日) 16:51)
    • 02 (2013/12/01(日) 16:51)
    • 03 (2013/12/01(日) 16:51)
    • 04 (2013/12/01(日) 16:51)
    • 05 (2013/12/01(日) 16:51)
    • 06 (2013/12/01(日) 16:51)
    • 07 (2013/12/01(日) 16:51)
    • 08 (2013/12/01(日) 16:51)
    • 09 (2013/12/01(日) 16:51)
    • 10 (2013/12/01(日) 16:51)
    • 11 (2013/12/01(日) 16:51)
    • 12 (2013/12/01(日) 16:51)
    • 13 (2013/12/01(日) 16:51)
    • 14 (2013/12/01(日) 16:51)
    • 15 (2013/12/01(日) 16:53)
    • 生きているということは一つの病気である。誰もがその病気によって死ぬ。――ポール・モーラン
    • 01 (2013/12/01(日) 17:02)
    • 02 (2013/12/01(日) 17:02)
    • 03 (2013/12/01(日) 17:02)
    • 04 (2013/12/01(日) 17:02)
    • 05 (2013/12/01(日) 17:02)
    • 06 (2013/12/01(日) 17:02)
    • 07 (2013/12/01(日) 17:02)
    • 08 (2013/12/01(日) 17:02)
    • 09 (2013/12/01(日) 17:02)
    • 10 (2013/12/01(日) 17:02)
    • 11 (2013/12/01(日) 17:02)
    • 12 (2013/12/01(日) 17:02)
    • 13 (2013/12/01(日) 17:02)
    • 14 (2013/12/01(日) 17:02)
    • 15 (2013/12/01(日) 17:02)
    • 16 (2013/12/01(日) 17:02)
    • 17 (2013/12/01(日) 17:02)
    • 人生は一歩一歩、死に向かっている。――コユネイル
    • 01 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 02 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 03 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 04 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 05 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 06 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 07 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 08 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 09 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 10 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 11 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 12 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 13 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 14 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 15 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 16 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 17 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 18 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 19 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 20 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 21 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 22 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 23 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 24 (2013/12/07(土) 00:01)
    • 人は死ぬ瞬間までも、もしかしたら助かるかもしれないと空想し得る力を与えられている。――武者小路実篤
    • 01 (2013/12/14(土) 22:20)
    • 02 (2013/12/14(土) 22:20)
    • 03 (2013/12/14(土) 22:20)
    • 04 (2013/12/14(土) 22:20)
    • 05 (2013/12/14(土) 22:20)
    • 06 (2013/12/14(土) 22:20)
    • 07 (2013/12/14(土) 22:20)
    • 傷ついたのは、生きたからである。――高見順
    • 01 (2013/12/21(土) 00:11)
    • 02 (2013/12/21(土) 00:11)
    • 03 (2013/12/21(土) 00:11)
    • 04 (2013/12/21(土) 00:11)
    • 05 (2013/12/21(土) 00:11)
    • 06 (2013/12/21(土) 00:11)
    • 07 (2013/12/21(土) 00:11)
    • 08 (2013/12/21(土) 00:11)
    • 09 (2013/12/21(土) 00:11)
    • 10 (2013/12/21(土) 00:11)
    • 11 (2013/12/21(土) 00:11)
    • 12 (2013/12/21(土) 00:11)
    • 13 (2013/12/21(土) 00:11)
    • 14 (2013/12/21(土) 00:11)
    • 15 (2013/12/21(土) 00:11)
    • 16 (2013/12/21(土) 00:11)
    • 17 (2013/12/21(土) 00:11)
    • 18 (2013/12/21(土) 00:11)
    • 19 (2013/12/21(土) 00:11)
    • 死が老人だけに訪れると思うのは間違いだ。死は最初からそこにいる。――ヘルマン・ファイフェル
    • 01 (2013/12/23(月) 18:11)
    • 02 (2013/12/23(月) 18:11)
    • 03 (2013/12/23(月) 18:11)
    • 04 (2013/12/23(月) 18:12)
    • 05 (2013/12/23(月) 18:12)
    • 06 (2013/12/23(月) 18:12)
    • 07 (2013/12/23(月) 18:12)
    • 08 (2013/12/23(月) 18:13)
    • 09 (2013/12/23(月) 18:13)
    • 10 (2013/12/23(月) 18:14)
    • 人生において、諸君には二つの道が拓かれている。一つは理想へ、他の一つは死へと通じている。――フリードリヒ・フォン・シラー
    • 01 (2013/12/28(土) 07:12)
    • 02 (2013/12/28(土) 07:12)
    • 03 (2013/12/28(土) 07:12)
    • 04 (2013/12/28(土) 07:12)
    • 05 (2013/12/28(土) 07:12)