小説詳細/あらすじ/目次

今夜、私は誰かの便女

筆者 : 来世でもクズでゴメン / 種別 : 掌編 (ページ容量 : 2.2KB)
投稿日 : 2022/04/13(水) 16:04 / 更新日 : 2022/12/04(日) 05:39
  • あらすじ

  • @菜緒〜妹の菜緒は、俺の目の前で、四人の獣達に陵辱されてしまった。処女を喪失した菜緒の絶叫を聞きながら、俺は勃起してしまった。
    A沙友理は本屋で万引きしたのを佐井先生に見られてしまった。脅された沙友理は、妻帯者の佐井に無理矢理犯されるが、それを風紀委員の新谷先生達に見つかってしまう。
    B憧れのお姉ちゃん美月が濱田先生と不倫しているのを知った弟は、暴走して仲間と一緒に姉を輪姦してしまうのだった。
    Cタレントの優愛は所属事務所社長の坂上に強引に犯されてしまうが、それを知ったマネージャー達にロケバスの中で輪姦されてしまう。輪姦された優愛を慰めるどころか、坂上は陵辱した後で「汚ねぇッ!」と言い放ち、終わったばかりの逸物を優愛にしゃぶらせるのだった。
    D東出先生と不倫していたえりかは、妻の杏が教師をしている男子校の生徒達、瀬戸先輩と佐野君、伊藤君に輪姦されてしまう。それも東出先生の見ている前で、妻の杏に土下座させられながら、次々犯された。しかし、杏の怒りは治まらず、えりかを深夜の男子用の公衆便所に放置する。隣の個室には夫の東出が拘束され閉じ込められていたが、えりかは知る由もなかった。SNSに投稿されたえりかの恥態を見た漢たちが、深夜の公衆便所に続々と集まり行列を作り始めた。個室の中から、えりかの絶叫と悲鳴と慟哭の泣き声が響き渡った。
    E希先生は悪くありません。ただ同棲中の渡部先生が変態になって、女性を犯(や)りまくったせいで、怒った夫や恋人、肉親達が押し掛けて来たんです。可哀想に希先生、漢たちの怒りを全身で浴びてしまったんです。あれだけの美貌です。漢たちが一度輪姦しただけで満足する筈がありません。渡部先生が女性にやった変態行為を、清楚な希先生が倍返しで受けてしまう事になってしまいました。