彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第7章§
今は今日だけを見て。
玲奈「…りゅーくん…」

隆治「玲奈…ありがとう。」

玲奈「…えっ?」

隆治「玲奈は玲奈。…ゲキカラでも、甘口でも、ラッパッパでもない。…それを守ってくれたからさ。」

玲奈「…うん。」

ここでラッパッパの部長に会ってしまったのはタイミングが本当に悪い。
彼女はもう遊びに行くどころじゃないだろうな…

隆治「今日はもう…」

玲奈「じゃあ今からどこ行こっか?」

…え?

玲奈「ほら、時間勿体ないよ。…アハッ♪」

…気にしてないのかな?
…彼女は。

隆治「じゃあどこに行こうか?」

玲奈「服が見たい。…りゅーくんがまた可愛いってくれるような…服が見たい。…今日しかないから。」

…やっぱり彼女もなんだ。
…明日が恐いよね。
きっと、ゲキカラとしてじゃなくて…
…玲奈として恐いんだよね。

隆治「…じゃあ服、見に行こうか。」

玲奈「アハッ♪うん!」

不意に僕の手を握りしめて駆け出す彼女。
ちょっと待って待って!
転ける転ける!

隆治「じゃあ今日の玲奈は着せ替え人形、だね?」

玲奈「アハッ♪楽しみかも。」

今は忘れるべきた、明日の事は。
…玲奈の為にも。

■筆者メッセージ
この物語、予定ではありますがようやく1/3位に差し掛かりました。
予定なので長くなったり短くなったりするかと思いますが…
お付き合い頂けたら何よりです。(礼)
こらるめんて ( 2013/10/04(金) 21:28 )