彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第2章§
厄介な能力。
能力、きっちり効いちゃったみたい…だね。
僕の能力は魅了(チャーム)。
傷付けてしまった相手を魅了してしまうみたいで…
男からは友情を、女からは愛情をうけてしまう。
男から愛情を受ける事がないのが救いだね。
だからヤンキーの友達って意外と多い気がするなぁ…
じゃなくて!
厄介な相手に発動しちゃった!

甘口「ちょっと、ここで大人しくしててね。抜け出しちゃったら…アハッ♪」

彼女はそう言うとヲタが出ていったドアから隣の部屋に姿を消した。
ここは従った方が賢明かな。
しばらくして静かにしていると隣から会話が聞こえてきた。

ヲタ「あ…アイツ生きてました?」

甘口「ちゃんと生きてたよ。言われた通りに出来たみたいだね?」

アキチャ「そりゃあ甘口さんに言われた事ですから!」

バンジー「甘口さんって…」

ウナギ「それで、アイツどうするんですか?」

僕の鼓動が早くなる。
どういった扱い受けるんだ?

甘口「どうする?…あっちの部屋にいて貰う。活動の支障にはならないでしょ?」

処分は保留…なのか?

ヲタ「わ、分かりました!じゃあ…」

甘口「あ。…あの部屋に入っちゃ駄目だよ?入ったら…アハハハハッ!」

ウナギ「も、もちろんですよ!あの部屋には近付かないようにします!」

…これはこれで大変な事になったぞ。

■筆者メッセージ
正直マジすか学園モノに能力のような要素を入れて良いものか迷いました。
しかしブラックやトリゴヤのような変わった方々がいらっしゃった為に便乗させて頂きました。
橘 隆治くんの能力は魅了(チャーム)になります。
ゲキカラちゃんが好感を持つ為に少し無理した設定になってしまったかもしれません。
ちょっと違うんじゃないか?
と思ってしまった皆様、大変申し訳ありませんでした。
こらるめんて ( 2013/10/02(水) 23:18 )