彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第32章§
ちょっと本気。
隆治「…光。」

光「あはっ、りゅーくんやっと本気に…!」

偽物を殴る。
急に殴った僕を見て光は驚いた顔をしている。
…玲奈が見てないんだ。
…偽物には用は無い。

光「チャーミーの大好きな玲奈ちゃんの顔だよ?よく見てよく見て!」

隆治「よーく…見るかよ。」

もう1発。
目の前の偽物を睨み付ける。

光「痛いなぁ…あはは、チャーミー入学する前に戻ってない?その乱暴な口調に暴力的な性格…」

普段は受けの型しか使わない。
…けど今の僕は殴る、蹴るが平気で出来る。
…本気に昔みたいだ。
だけど…
今はこいつが許せない。

光「僕…喧嘩は得意じゃないんだけど…」

隆治「…知るかよ。」

光は殴ってくるけど全く重くない。
まだ手を抜いてるのか?

隆治「光…なんで手を抜いてる?」

光「ええ!?僕必死だよ?」

悪戯っぽい笑みを浮かべる。
玲奈の顔をしているからなお腹が立つ。

隆治「…その顔、いい加減に外せよ!」

光を蹴り飛ばす。
…確かに上手く入ったはずなのにすぐに立ち上がる光。

光「こりゃ大変…僕は…逃げる♪」

マジ女とヤバ女が抗争を行ってる場所に走り出す光。

隆治「絶対逃がさねぇ!」

…居なくなった?
…アイツどこに…

■筆者メッセージ
隆治くんが別な場所で戦ってまして…
オリジナル同士の戦闘になるの申し訳ないです…
こらるめんて ( 2013/10/21(月) 20:36 )