彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第31章§
―Another episode 22・宿敵―
…もう始まってる頃か…
…どうしようもない。
…何も出来ない。
…ごめん、りゅーくん…

ガチャリ

ドアの音?
…こんな古い建物に誰が…

???「あらあら、無様な姿っすねぇ…せっかくの可愛い服が台無しじゃないっすか。」

ゲキカラ「ネズミ!…何しに来たんだよ。」

なんでネズミが…
それになんでこの場所が…

ネズミ「…そんな意地張ってる場合っすか?…みんな始めちゃってるっすよ?」

ネズミ、後に回って何を…

カチャリ

ゲキカラ「…えっ?」

ネズミ「この程度の手錠、楽に作られてんすよ。…簡単っすねぇ。」

…本当にコイツにはびっくりだ。
…だけど…

ゲキカラ「なんでこの場所が分かったのかな?」

ネズミ「あっしの所にこんな手紙が来たんすよ。」

『マジ女側の策士ちゃんへ。
捕らわれのゲキカラちゃんの場所はここだよ♪
チェックチェック!
ヤバ女側の策士より』

…なんだよこの手紙…

ネズミ「今日来たから今助けに来ることになったんすけど…ほら、行くぞ。」

…分からない奴だよな、コイツも。
でも…本当に助かった。
…ありがと。
急ぐなら…このスカート邪魔だな…

ビリビリビリビリ…

ネズミ「あーあ、可愛いスカート破っちゃって。」

ゲキカラ「アハハッ♪…急ぐのに長いと邪魔でしょ?…新しいのはまた…」

ネズミ「…じー…」

な、なんだよ!
そんな目で見るなよ!

ゲキカラ「い、急ぐぞ!ネズミ!」

ネズミ「全く…あっしは認めないっすからね!」

■筆者メッセージ
思えばこの恋愛から遠かった2人を書きたかったから書いてきたのかもしれません。
…それにしても彼女ら仲良くなりすぎですね。
こらるめんて ( 2013/10/21(月) 20:24 )