彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第31章§
―Another episode 21・負犬―
時は翌日に遡り…

―――――――――

隆治を倒す為…
隆治に復讐する為…
コイツを誘拐してやった。
ふふふ…
隆治が壊れるのを簡単に想像できるな…
しかし…
確かに黙ってりゃコイツ…
顔が整って…

ゲキカラ「ん…りゅー…くん…?」

おっと、目が覚めたみたいだな。

純「残念でした。…俺しかいないよ?」

ゲキカラ「…!…お前のことは嫌いだ。」

動こうとするゲキカラちゃん。
残念でした、手錠…ついてるんだよなぁ。

ゲキカラ「…何のつもりだよ。」

純「いつもみたいに笑ってよゲキカラちゃんー!」

全く、こいつも隆治隆治…
みんな能力のせいだってのによ。

ゲキカラ「何のために連れてきたんだよ。」

純「隆ちゃんを完全に壊す作戦ステップ1。…ゲキカラちゃんが必要なんだよ。」

ゲキカラ「アハッ♪…2流が考えそうな事だね。」

…2流…
…抑えろ…
コイツへの仕打ちは隆治を連れてきた後だ。

純「そんな事、言ってられるのは今だけだよ。…ゲキカラちゃんは明日の闘いには参加出来ないし…隆ちゃんが壊れるのを待っとくことしか出来ないな?はははははっ!」

ゲキカラ「……っ………。」

あれ?
予想以上に悔しがってる?

純「怒ってる?…何も出来なくて怒ってる?はははっ!」

まぁ場所は絶対分からない。
見張りもいらないな。
ふふふっ、明日が楽しみだ。

■筆者メッセージ
純くん、結局噛ませキャラになりました。
個人的に噛ませキャラって分かりやすくて好きだったりします。
こらるめんて ( 2013/10/21(月) 20:12 )