彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第31章§
君達、強すぎ。
ちょっと数が多いかな。
…体力使うよ…

ヤバ女学生1「コイツ体力無くなってきてるぜ!」

ヤバ女学生2「畳み掛けろ!今しかねぇ!!」

…囲まれた、か。
…僕だけで何人減らせるかな。

???「ちゅうちゅうちゅう…どうするっすか?ちょっと追い込まれた隆治くん、見てみたくないっすか?」

???「アハッ♪…ちょっとだけ…りゅーくんから流れる血…見たいなぁ…アハハハッ、アハハハハハハッ!」

え…この声…

ネズミ「隆治くん、助けて欲しいっすか?あはは、どうしよっかなぁー?」

ゲキカラ「勿論タダで、なんて言わないよね?りゅーくん?」

二人とも…
ヤバ女の女の子蹴りながら言わない。
というか…
玲奈、その破れたスカート…

ゲキカラ「…今はそんな目で見ないでくれる?…それ所じゃないんだけど。」

僕に冷たく言い放ってヤバ女の女の子蹴ってるし。
そんな目って…

ネズミ「なんでゲキカラばっかりに目が行くんだよっ!」

わざとらしく言ってからヤバ女の女の子蹴ってるし。
それは八つ当たりなんじゃ…
というか…
玲奈達なんでこんな強いんだ?
僕も負けてられな…

ゲキカラ「りゅーくん、そこ邪魔!」

おっと!
ヤバ女の女の子が飛んできたから避ける。
玲奈、ヒートアップしてない?

ネズミ「隆治くん、ちゃんと頭使ってるっすか?そこ、邪魔っすよ!」

ね、ネズミにまで言われた…
2人の修羅の如き勢いでヤバ女の連中は全滅…
僕、何してたんだろ…

ネズミ「あっしはダチとやらの所に行ってやらなきゃ行けないんで。…では。」

廃屋からネズミが出ていく。
…玲奈…
無事で良かった…
抱き締めようとした瞬間…
玲奈に殴られた。

隆治「…れ…な…?」

ゲキカラ「りゅーくん…緩んでるよ。…アハッ♪…出てきなよ。」

???「へぇー…ゲキカラちゃんが気付くんだ?」

え?
…光…?
声の後、廃屋入ってきたのは…

■筆者メッセージ
終わりが本当に近くて次回作にヒヤヒヤしてます。
…完全にオリジナルなので。
こらるめんて ( 2013/10/21(月) 20:09 )