彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第30章§
久々の2人。
明日の為にサドが帰る事を許してくれたとか。
しかし…
この風景、デジャヴ?
…僕と玲奈はまた背中合わせでお風呂に入ってるわけで。

玲奈「りゅーくん、ただいま。」

隆治「…おかえり。」

本当に…おかえり。

玲奈「あれ?…照れてる?久々の2人っきりで…照れてる?」

あはは、そりゃ分かっちゃうか。

隆治「…照れてるよ。」

玲奈「ば、馬鹿…そんな素直に言われたら私も照れるじゃん…」

…こう見たらバカップルに見えなくも無いよなぁ…
…でも…

玲奈「ね、りゅーくん。」

…考えてた事が考えてた事だからドキリとする。

隆治「…どうしたの?」

玲奈「りゅーくんって喧嘩、強いよね。…学園で色々あったでしょ。」

そっちの話、か。

隆治「………………………。」

過去の話もしてないからな…
あの“悲劇”について。

玲奈「…話したくない?」

玲奈はきっと過去を知りたいんだ。
…隠し事に本当に敏感だな、玲奈は。
話そう、僕の過去も…能力も。

隆治「いや、話すよ。…玲奈、高校生大量病院送り事件…知ってるかな?」

玲奈「あの、高校の生徒が全員何者かに病院送りにされた?」

隆治「…あの犯人、僕なんだ。」

玲奈「………!」

■筆者メッセージ
閲覧数が20000を越えました!
ここまで見て頂けるとは正直予想外でした。
最後も近いです!
是非是非お付き合い頂けたら幸いです!
こらるめんて ( 2013/10/21(月) 01:15 )