彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第29章§
こっちも、決起集会。
「…4人で1人分だ。」

何の話を…
ああ、1人当たり何人を倒すか、って話か。
まぁこっちの人数少ないからなぁ…
ふふっ、ちょっとは僕も役に立てそうかな?

隆治「失礼しまーす。」

部屋に入ると一斉に視線が集まる。
そんな見られるとは思わなかったよ…

玲奈「あはは、りゅーくん!」

おたべ「橘…」

尺「お前、強いじゃん!お前なら3人分くらい…」

ヲタ「すっかり忘れてた、参戦するんだな?」

寒ブリ「稽古つけて貰うかな…」

大歌舞伎「こいつ、強いのか?」

…皆さん一斉に喋らないで?

隆治「…参戦するよ。僕一人で何人分倒せるか分からないけどやれる事はやるよ。…れ…っと、何でもない。」

思わず玲奈の方を見て玲奈の為にって言おうとしちゃった…
危ない危な…
こら。
ホルモン、フォンデュ顔隠して目の部分だけ隙間開けてこっち見るな。
歌舞伎シスターズに洋ラン、あと…アンダー…?
睨まないでよ…

おたべ「あんたらホンマにこんな時でも変わらんなぁ…」

苦笑いは止めてくれ…
で、1番反応見たくないけど…

玲奈「何が言いたかったのかな?」

わざとくっついてくる。
…みんなの視線があるんですが。

ヲタ「た、橘っ!…さんっ!」

なんだよー…
僕だって好きで…

ヲタ「オレ達に稽古つけてくれ!」

…またぶっ飛んだ話だなぁ…

■筆者メッセージ
チームフォンデュ、活躍させることが出来ませんでした…
好きなだけに悔やまれます…
こらるめんて ( 2013/10/20(日) 17:27 )