彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第28章§
そっか、今夜は独り、か。
隆治「…ただいま。」

帰り道にあんな事があったし色々話したい。
…だけど玲奈、僕の家に居ないんだよな。
いつもならパタパタ走ってきて…

隆治「…ははっ、玲奈の居る生活に慣れ過ぎたかな。」

真っ暗な室内の電気をつける。
…こんなに1人って…
…なんだろ…
…虚しさがあったかな。

隆治「…晩御飯、作らなきゃな。」

1人分。
…やっぱりなんだか寂しい。

隆治「やっぱり…玲奈の事…好きなんだよな…」

思い返せば初めて見た時からどストライクだったっけ。
…めちゃくちゃ可愛かったもんな。
まぁそれがゲキカラだって知って…
能力使っちゃって…
…やっぱり本当は好きになっちゃいけないんだよなぁ…
…玲奈の本当の気持ちじゃない…訳だもんな…
…今一緒に居るのは…

隆治「…あ。」

玲奈と逢ったこと思い出しながらカレー作ってたんだけど…
出来たのは真っ赤な真っ赤なカレー。
最初に玲奈が作ってくれたっけ。
…思い出の料理、だな。

隆治「…あはは、やっぱり辛いや。」

目が潤んだのはカレーのせいじゃないってのは秘密。

■筆者メッセージ
玲奈ちゃんはサドさんと居るので帰って来てません。
そしてこの回、遊んでみました。
隆治くんの最後の台詞ですが、どちらで読んでも良いように作ってみました。
遊び心を練り込んでしまい申し訳ないです!
こらるめんて ( 2013/10/19(土) 17:50 )