彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第28章§
本当に、任されても…
えっと…
さっきからセンターの攻撃激化してるんですけど…
長くは受け流せないなぁ…
そんな事を考えてたら蹴りが来た。

隆治「…っと…重いなぁ…」

受け流せなかったからとっさに防いじゃった…
けど…
軸足もらいっ!
蹴りを両手で防いでから軸足に足払いをかける。
案の定バランスを崩す訳だけど…
下、コンクリ。
頭打ったら危ないよね!

隆治「…っと、大丈…ぶっ!?」

身体を支えたら裏拳で殴られる。
頭クラクラするし…
僕から離れてこっちを見る彼女…
ちょっとピンチかな…

センター「…舐めんな。…けどこうまで遊ばれてるんじゃ私の敗け、か。」

…遊ぶ!?
いやいやいや…
精一杯だよ…

センター「ネズミとゲキカラがお前をあんな風に思った理由、分かる気がするな。」

ネズミと玲奈…?
あ…
……………。
…違う。
それは僕の能力で…

センター「お前が羨ましいよ。…簡単にネズミの心を開かせて…私がどんだけかかっても出来なかった事を簡単にやって…」

…痛っ!
センターに頭を叩かれた。

センター「…ちょっと妬けるな。ま、お前になら任せても大丈夫だろうし。…じゃあな。」

隆治「えっ!?ちょっと…」

…任されても困るな…
玲奈とネズミ、か。

■筆者メッセージ
戦闘描写、手を抜いてる訳じゃありません!
本当に苦手でこのような有り様になってます…
最終決戦の回がかなり不安ですね…
こらるめんて ( 2013/10/19(土) 17:45 )