彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第27章§
やっと完治した、けど…
やっと学校へ来れたよ…
入院、随分と長引いちゃったなぁ…
ん?
随分と生徒から視線を受ける気が…

マジ女学生「ふ、風紀委員長!」

隆治「は、はいぃっ!?」

びっくりした…
おっきな声で急に話しかけないで欲しいなぁ…

マジ女学生「掃除、しっかりしてますから!」

隆治「そ、掃除!?え、うん…ありがと!」

そんな事急に言われても…
何だったのかな。
そんな事考えて自分の教室に…

マジ女学生「風紀委員長!」

な、なんだよう!!

マジ女学生「掃除、頑張ってるっすよ!心、入れ替えたっす!!」

隆治「あ、ありがと…」

一体何が…
あ…
前の光の行動…
あれのせいか!
困ったな…

隆治「せっかく仲間が居るんだ…力を借りるのも悪くない、かな!」

学校の構成は確かに進んでる…
今でもそれを進めたのは…
光…どうして…
そんなことを考えながら吹奏楽部部室に足を進めていく。

■筆者メッセージ
久々に本編に戻りました。
終了まであと少しですが…
もう少しお付き合い下さい。
こらるめんて ( 2013/10/18(金) 19:28 )