彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第1章§
踏んでしまった地雷。
???「あれ?なんで男がいるの?」

あ、気付かれた。
でも…
これはお近づきになるチャンスなんじゃ…!

隆治「あ、ほら!説明があっただろう編入生が僕で…」

???「そうなんだ。…どうでも良いけど。」

ぱたぱたと歩いていく。
あーあ、逃げられちゃった。
去っていく後ろ姿を惜しむように見る。
彼女、こんな雑な学園に咲く1輪の花だよ…

隆治「それにしても…学内がこんな荒れてるとは…大島も学内まとめきれてなかったのかなぁ…」

ぴた。
あれ?
…なんかさっきまで聞こえてた音しなくなった?
なんの音だったかな…

パタパタ…

また足音がする。
さっきの違和感は足音だったのか。

???「…今なんて言った?」

あ、さっきの子!
今度はこっちに向かって歩いて来てくれた。
ひょっとして話のキッカケに!

隆治「だから、大島優子が…」

???「優子さんが…?」

…あれ?
なんかこの子…雰囲気変わった?
笑顔浮かべてるのに…
明らかに…目、笑ってないよね。

■筆者メッセージ
ヒロイン登場になります。
非似で見苦しい場合は本当に申し訳ありません。
精進していきます。
こらるめんて ( 2013/10/02(水) 08:49 )