彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第25章§
問題は喧嘩だけじゃない。
よく分からない面談を済ませたけど…

隆治「ねぇ…玲奈。」

玲奈「なぁに?りゅーくん。」

隆治「勉強…進んでる…?」

玲奈「…今そんな時じゃないし。」

まぁそうだよなぁ…
ラッパッパ四天王なわけで…
でも卒業もしなきゃいけないし…
ブラックとかサドはどうやったんだ?
ブラックは能力使えば勉強の要領は良いか…
サドは…万能そうだからな。
トリゴヤは…
トリゴヤはー…
どうやって卒業したんだ?

玲奈「りゅーくんどうしたの?」

隆治「えっ!いやいや、何でもない何でもない…」

玲奈「…………………。」

あ、黙りこんじゃった…

玲奈「…そっか。」


なんだなんだ?

玲奈「りゅーくんが勉強教えてくれたら良いんだよ、アハッ♪」

…そうなるよね。
とりあえずトリゴヤに話聞いてみるかな。
えっと…
あそこには出来ればもう行きたくないから…
関係のある人から…
ああ!
ちょうど近くにいるじゃん、適任者。

■筆者メッセージ
隆治くんが入院してるためにのんびりムードになっております。
申し訳ありません(礼)
こらるめんて ( 2013/10/14(月) 20:16 )